比較ランキング【人気サプリ】

カルニチンサプリを比較ランキング:おすすめメーカーは?

投稿日:2017年10月29日 更新日:

ランニング
カルニチンは体脂肪を燃やしてエネルギーに変換する力をサポートする栄養素です。

カルニチンで脂質代謝を促して、ダイエットの効率を高めましょう。
ちょっとの運動で汗が出る様になった!という口コミも多いです。

有酸素運動にカルニチンを足して、運動で体を燃やしていきましょう。

L-カルニチンサプリを選ぶときのポイント

どんなポイントをチェックすることで、L-カルニチンサプリを選べばいいのかをこれからご紹介します。

L-カルニチンの含有量を確認

こな
サプリを選ぶときには、有効成分の含有量をチェックすることが大切です。

脂肪燃焼作用を期待するのなら、1粒あたりのL-カルニチン含有量が多いものほど、より効果があるといえるでしょう。

L-カルニチンの推奨量は100~150mg/日です。

ただ、L-カルニチンの1日の上限摂取量は約1,000mgだと厚生労働省によって定められています。

飲む量を増やせば効果もそれだけ上がるわけではありません。

強力な脂肪燃焼作用を求めるのなら、L-カルニチンだけでは限度があるかもしれません。

この場合は、カルニチンとメカニズムが異なる燃焼効果を持つ成分が同時配合されたサプリを探すといいでしょう。

脂肪燃焼に特化するならほかの配合成分もチェック

男性_お腹
L-カルニチンにもダイエットを助ける作用はあります。

でもいっそう強力に脂肪を燃やしたいなら、ほかのダイエット有効成分がプラスされたサプリを探してみてください。

減量作用のある有効成分が同時に働き、効果的に脂肪を燃やすことが可能です。

つぎにご紹介するのは、L-カルニチンとの同時配合でダイエット効果がアップする成分です。

カルニチンと相性が良いα-リポ酸:ブドウ糖や中性脂肪をエネルギーに変えるα-リポ酸

α-リポ酸は、血液中にあるブドウ糖や中性脂肪をすばやくエネルギーに変える役割を担っています。ダイエットを進めるには、この作用が不可欠です。ブドウ糖と中性脂肪が燃え尽きたあとで、皮下脂肪が燃え始めるからです。

L-カルニチンと同時に摂取することで、α-リポ酸はダイエットを強力にサポートしてくれるでしょう。

α-リポ酸には強い抗酸化作用もありので、健康維持や老化防止にも期待ができます。

α-リポ酸はもともと体内で合成できる成分です。ただ加齢とともに減少します。食品には微量にしか含まれていないため、食事のなかで補給することも困難です。痩せにくい年齢になったら、サプリメントでα-リポ酸を補うといいでしょう。

若々しい体を維持するコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、若返りの成分ともいわれます。

脂肪や糖の代謝を促すので、コエンザイムQ10を摂ると脂肪が燃えやすい体に変えることが可能です。

L-カルニチンと同時に摂れば、基礎代謝をあげて痩せやすい体質をつくることもできるでしょう。

エネルギーが効率よく細胞へ運ばれるようになるので、肌の張りやツヤがアップしたりする美容効果も期待できます。

筋肉量を増やすBCAA

BCAAとは、単一の成分の名称ではありません。バリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノ酸のことをBCAAとよんでいます。

BCAAは、分岐鎖アミノ酸をあらわすBranched-Chain Amino Acidsの頭文字を取った略称です。

BCAAが十分にあると、筋肉量を増やしたり脂質を代謝したりする能力が向上します。もともと体内にある成分ですが、運動で失われやすいのが難点です。L-カルニチンといっしょに運動前後に補給すれば、筋肉を増やして脂肪の燃えやすい体づくりをサポートできます。

飲みやすい形のサプリを選ぼう

品質_錠剤
毎日摂るものなので、サプリは飲みやすい形であることが大切です。L-カルニチンサプリには、錠剤、カプセル、タブレット、粉末などの形の製品があります。
自分にとって飲みやすい形状のもの、携帯しやすい形式のものを探すようにしましょう。

1回にたくさん飲まなくてもいいように、1粒あたりの配合量の高いサプリを探すことも大切です。

カルニチンサプリを比較ランキング:オススメメーカーはどれ?

カルニチンサプリ

当サイトでは、

  • 価格
  • カルニチンの含有量
  • 飲みやすさ
  • サポート成分

を根拠として、独自にランキングをしています。

【ランキング1位】カルニチン×BCAA/ディアナチュラ

カルニチン×BCAA:ディアナチュラ

こんな方におすすめ

  • BCAA配合で、運動後のぐったりを抑制
  • カルニチンの配合量も最大級の750mgで、体感性◎
  • 一番コスパが高いサプリをお探しの方

カルニチン×BCAA/ディアナチュラは、Amazonで一番売れているカルニチンサプリです。

売れている理由は、コスパが一番高いという点が見逃せないでしょう。

カルニチンサプリの中でも、カルニチンの配合量が多いだけでなく、筋肉の疲労を抑制するという研究報告のあるBCAAを配合しています。

運動でダイエットする人のなくてはならないお供です。

比較ランキング結果

  • 総合評価:
  • 値段:(37.5円/日)
  • カルニチン量:(750mg)
  • 飲みやすさ:(4粒)
  • サポート成分:(BCAA)

【ランキング2位】カルニチン/DHC

カルニチン:DHC

こんな方におすすめ

  • 日本製で、最もコスパが良いカルニチンサプリをお探しの方

カルニチン/DHCは、カルニチンを750mgとランキング1位と同等の最大級配合です。

そして、価格は28.8円/日と2番目に安く、日本製の中では1番安いです。

つまり、コスパで選ぶなら、カルニチン/DHCになります。

カルニチンだけでなく、代謝サイクルを滞りなく回すVB1、運動時の疲労の元になる活性酵素の除去に役に立つ抗酸化物質VEを配合なのも、見逃せません。

比較ランキング結果

  • 総合評価:
  • 値段:(28.8円)
  • カルニチン量:(750mg)
  • 飲みやすさ:(5粒)
  • サポート成分:(ビタミンB1、トコトリエノール)

【ランキング3位】L-カルニチン/ディアナチュラ

L-カルニチン:ディアナチュラ

こんな方におすすめ

  • ポカポカ成分"カプサイシン"をプラスなので、運動時にダラダラと汗が出てくる!
  • りんごポリフェノール配合なので、美容にも○
  • ダイエット中の女性に

L-カルニチン/ディアナチュラは、ダイエット中の女性にオススメのカルニチンサプリです。

カルニチンだけでなく、"カプサイシン"を配合が特徴です。

フィットネスでがっつり運動をしてダイエットというよりも、30分位ウォーキングをしてダイエットするという人向きです。

カプサイシンを配合なので、ちょっとした運動でも体がポカポカするでしょう。

比較ランキング結果

  • 総合評価:
  • 値段:(41.2円)
  • カルニチン量:(500mg)
  • 飲みやすさ:(3粒)
  • サポート成分:(リンゴポリフェノール、カプサイシン)

【ランキング4位】L-カルニチン/NOW

Lカルニチン:NOW

こんな方におすすめ

  • コスパを求める

L-カルニチン/NOWは、海外性のカルニチンサプリです。

L-カルニチンしか配合は無いですが、カルニチン1mgあたりの価格なら一番安いです。

海外からの輸送なので、商品到着まで2〜3週間かかります。

比較ランキング結果

  • 総合評価:
  • 値段:(17.9円/日)
  • カルニチン量:(500mg)
  • 飲みやすさ:(大粒)
  • サポート成分:(未配合)

【ランキング5位】カルニチン&CLA/ウイダー

カルニチン&CLA:ウイダー

こんな方におすすめ

  • ダイエットに行き詰まりを感じる方

CLA(共役リノール酸)は「不飽和脂肪酸」の一種で、食品では牛乳やチーズなどの乳製品や牛肉に含まれています。

CLA(共役リノール酸)は、カルニチンと異なるメカニズムを持つ、燃焼系成分です。

カルニチンだけを摂取するよりも、CLAもあったほうがダブルでサポートが期待できます

デメリットは価格が他のカルニチンサプリの2倍することです。

比較ランキング結果

  • 総合評価:
  • 値段:(97.7円)
  • カルニチン量:(500mg)
  • 飲みやすさ:(4粒)
  • サポート成分:(リノール酸)

カルニチンが必要な理由

カルニチンは、運動時の燃焼効率を高めてくれる栄養素です。

カルニチンを摂取することで、脂肪を減らしやすくしてくれることが期待できます、

カルニチンはエネルギーとして、体の脂肪を使いやすくする効果があります。

体を動かすためのエネルギーは細胞内に存在するミトコンドリアで作られています。
ミトコンドリアでは糖・脂肪を使って、体を動かすためのエネルギーを作っています。

カルニチンは脂肪をエネルギー変換しやすくさせるため、皮下脂肪と内臓脂肪の減少が期待できる成分です。

カルニチン

引用元:HMBサプリ研究所

今回は、カルニチンサプリの中でも人気の高い5商品で比較ランキングを作成しました。

人気のあるカルニチンサプリ比較ランキング

カルニチンサプリ

商品名 総合点 価格 含有量 飲み
やすさ
その他
成分
カルニチン_BCAA_ディアナチュラ
カルニチン
×BCAA
15.0
1位_金
3.0 4.5
桜_優秀マーク
2.5 5.0
桜_優秀マーク
DHC_カルニチン
DHC
14.5
2位_銀
4.0 4.5
桜_優秀マーク
2.5 3.5
カルニチン_ディアナチュラ
ディアナチュラ
12.5
3位_銅
2.0 2.0 5.0
桜_優秀マーク
3.5
NOW_クレアチン
NOW
10.5 5.0
桜_優秀マーク
2.0 2.5 1.0
ウイダー_カルニチン
ウイダー
7.5 1.0 2.0 2.5 2.0

総合評価が優れるのはこれ!

一番のおすすめは、「ディアナチュラカルニチン 20日分 80粒/アサヒグループ食品」です。

BCAAを配合しているので、有酸素運動(ランニング、マラソン)でダイエットに励む人にオススメのカルニチンサプリです。

カルニチンサプリ比較:1日当たりの価格

毎日継続するには、価格は重要です。

価格を1日分摂取量あたりに換算し、どの商品が最も安いかを比較しました。
価格はAmazonで販売されている価格を参考価格として採用しました。

商品名 1日当たり価格(円)
NOW_クレアチン
NOW
17.9
桜_優秀マーク
DHC_カルニチン
DHC
28.8
カルニチン_BCAA_ディアナチュラ
カルニチン
×BCAA
37.5
カルニチン_ディアナチュラ
ディアナチュラ
41.2
ウイダー_カルニチン
ウイダー
97.7

一番安いのはこれ!

海外品のカルニチンが最も価格が安い結果になりました。
ただ、輸送に2週間程度かかるのがデメリットです。

カルニチンサプリ比較:含有量

カルニチンの1日に必要な摂取量の目安は、200~500㎎です。
もっともカルニチン含有量が多いサプリは、「カルニチン 60日分 300粒/DHC
」と「ディアナチュラカルニチン 20日分 80粒/アサヒグループ食品」でした。

商品名 カルニチン含有量(㎎/1日摂取量あたり)
DHC_カルニチン
DHC
750
桜_優秀マーク
カルニチン_BCAA_ディアナチュラ
カルニチン
×BCAA
750
カルニチン_ディアナチュラ
ディアナチュラ
500
NOW_クレアチン
NOW
500
ウイダー_カルニチン
ウイダー
500

成分量はこれ!

DHCが販売するカルニチンが最も配合量が多いです。
効果的にダイエットしたい人に最もオススメです。

カルニチンサプリ比較:飲みやすさ

カルニチンは、比較的一度に飲む錠数が多くなりがちですが、毎日続けるには、飲みやすい量であることも大切です。

商品名 飲みやすさ 飲みやすい理由
カルニチン_ディアナチュラ
ディア
ナチュラ

桜_優秀マーク
比較的錠数が少ない(3粒)
カルニチン_BCAA_ディアナチュラ
カルニチン
×BCAA
錠数が多い(4粒)
ウイダー_カルニチン
ウイダー
錠数が多い(4粒)
DHC_カルニチン
DHC
錠数が多い(5粒)
NOW_クレアチン
NOW
粒が大きい

継続しやすいさはこれ!

ディアナチュラのカルニチンは、カルニチンの量を少し低減する代わりにカプサイシン(唐辛子の辛味成分)を配合です。

カプサイシンは、カルニチンと異なるメカニズムで燃焼効率を高める成分です。

カルニチンサプリ比較:副素材の配合量

主成分以外の成分を比較しました。
カプサイシンは、発汗作用、脂肪燃焼促進の働きがあり、同時に摂取することで、よりダイエット効果が期待できます。

商品名 その他の栄養成分
カルニチン_BCAA_ディアナチュラ
カルニチン
×BCAA
ロイシン、バリン、イソロイシン
桜_優秀マーク
DHC_カルニチン
DHC
ビタミンB1、トコトリエノール
カルニチン_ディアナチュラ
ディアナチュラ
リンゴポリフェノール、カプサイシン
ウイダー_カルニチン
ウイダー
リノール酸
NOW_クレアチン
NOW
なし

※記事内の情報(サプリの価格、成分の情報等)は記事の投稿日に準します。 なるべく、情報更新に努めておりますが、最新情報と異なる場合があります事をご了承下さい。 ※当サイトの商品情報は商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、医師や薬剤師およびその他の資格をもった専門家の意見に代わるものではありません。 ※当サイトの情報は病気を治すための自己診断に使うことはできません。







オススメ記事一覧

野菜ジュース_比較ランキング 1

>>>選び方は飛ばして、ランキングへ飛ぶ 栄養価の高い野菜ジュースの選び方の4つのポイントを整理 野菜ジュースの中には、野菜100%の野菜ジュースから、果汁の配合が多い飲み易さを重視した野菜ジュースま ...

サラシアサプリ_比較ランキング 2

サラシアを取り入れて、無理なく糖質制限! 「食べたいものを我慢するのが嫌だ」という人にオススメなのが、無理なく糖質制限をする事です。 食べたいものを我慢して食べるのは、メタボや糖尿病に繋がる恐れも・・ ...

-比較ランキング【人気サプリ】
-,

Copyright© サプリメント評価.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.