選び方

オススメのアスタキサンチンサプリの選び方【美容,目】

投稿日:2016年9月26日 更新日:

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンはβ-カロテンやルテイン(緑黄色野菜に含まれるフィトケミカル)などのカロテノイドの一種です。
アスタキサンチンは、サケの赤色部分、カニの殻など、自然界に広く分布しています。

アスタキサンチンは、健康食品ではヘマトコッカス藻を培養することで得られます。
アスタキサンチン
アスタキサンチンはサケ類に多く含まれますが動物自身が体内で作り出しているものではなく、ヘマトコッカス藻などの植物を食べた結果なのです。サケ類に含まれるアスタキサンチンは食物連鎖によって蓄えられたものです。
海でアスタキサンチンを含む藻などのエサを大量に摂取し、アスタキサンチンを筋肉に蓄えると考えられています。

サケは本来、白身の魚で、身が赤いのは体内に蓄積したヘマトコッカス藻などの植物由来の赤い色素によるものです。

アスタキサンチンの特徴

%e5%a5%b3%e6%80%a7_%e8%82%8c
アスタキサンチンは抗酸化作用を持ち、天然に存在するものの中でも最も強力であるとされています。
アスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンEの約500〜1000倍、コエンザイムQ10の約800倍と言われています。

抗酸化作用による美肌作用に注目したアスタキサンチンを含む化粧品はたくさん発売されています。
例えば、富士フイルムから発売されているASTALIFEブランドは、アスタキサンチンの作用に注目した化粧品です。
723358c52d4a9b27a3d998be3142ba56-300x167
化粧品は外側から美しくなりますが、サプリメントでは内側から美しさに働きかけます。
例えば、紫外線による肌のダメージへの保護効果、活性酸素が原因となる病気の予防が期待されています。

オススメのアスタキサンチンサプリの選び方

アスタキサンチンは抗酸化作用により、LDLコレステロールの酸化防止・美容(シミやシワ,たるみなどの原因になる活性酸素の除去)などが考えられますが、サプリできちんと効果が確認されているのは目の疲労防止です。
具体的には、眼のピント調節機能を助けることと、パソコンなどによる眼の疲労感を軽減することが確認されています。

選び方1:眼精疲労の軽減目的でアスタキサンチンを買おう!

%e7%9b%ae_%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc
眼精疲労・疲れ目状態の人は、目の水晶体・筋肉等が緊張状態が続き調整機能が低下していると考えられています。
アスタキサンチンの摂取により血流改善し、血管を拡張するため目の水晶体・筋肉の機能を改善すると考えられています。

美容に効果があると考えられているものの、美容の観点でいえばリコピンの方がエビデンスが多いです。

選び方2:アスタキサンチン6mg以上を選ぼう!

目の疲労回復については、アスタキサンチン6mgの摂取で確認されています。

アスタキサンチンは紅ザケの切り身(100g)に約3mg程度含まれていますが、有効量の6mgとるのは簡単ではありません。
fish_sake_kirimi
そのため、サプリの摂取がオススメです。

アスタキサンチンという原料は非常に効果なため、アスタキサンチンを配合したサプリの多くは6mg入っていない商品が多いです。
特に安価な商品になればなるほど、含有量は低い傾向にあります。

アスタキサンチンは脂溶性なので、ソフトカプセルタイプのサプリを選びましょう。
油分と一緒に摂る方が吸収率が高まります。
軟カプセル_ソフトカプセル

以上を満たした上で、最もコスパの良い商品はDHCのアスタキサンチンです。
アスタキサンチンが9mgも配合されています。

※記事内の情報(サプリの価格、成分の情報等)は記事の投稿日に準します。 なるべく、情報更新に努めておりますが、最新情報と異なる場合があります事をご了承下さい。 ※当サイトの商品情報は商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、医師や薬剤師およびその他の資格をもった専門家の意見に代わるものではありません。 ※当サイトの情報は病気を治すための自己診断に使うことはできません。







オススメ記事一覧

野菜ジュース_比較ランキング 1

野菜ジュースが、野菜不足解消に優れた3つの理由は? 私たちの健康維持には欠かせない野菜は、ビタミン・ミネラル・食物繊維など体の基本となる栄養素をギュッと詰まっているのが特徴です。 野菜の1日の摂取目安 ...

サラシアサプリ_比較ランキング 2

サラシアを取り入れて、無理なく糖質制限! 「食べたいものを我慢するのが嫌だ」という人にオススメなのが、無理なく糖質制限をする事です。 糖質の多い食事をとると血糖値が急上昇し、太る原因になります。 「ご ...

お腹 3

腸の役割は、食事に含まれる栄養素を消化・吸収したり、うんちの排泄だけではありません。 腸内フローラの研究が進むにつれ、腸は「第2の脳」といわれるほど様々な働きを持っていることが日夜を問わず報告されてい ...

-選び方
-

Copyright© サプリメント評価.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.