まとめ

サプリのお試し購入のつもりが、途中解約できない定期購入に

投稿日:2016年6月19日 更新日:

「初回実質0円」などお得に購入できることを宣伝する一方で、3〜4カ月間以上の定期購入が条件となっている健康食品や飲料、化粧品の通信販売に関する相談が全国の消費生活センター等に多く寄せられています。

定期購入が前提であるという事がスマホでの表示では、全然わからないという事が多いです。
スマホ_解約できない

健康食品のお試し購入に注意しましょう。

新聞・WEBサイト・SNSの広告を見て1回限りのお試し購入だと思って申し込んでも、定期的に商品を購入することになってしまうケースがあるようです。

初回お試し価格500円として販売されていても、実際は5回以上購入できない仕組みになっており、2回目以降は正規料金を請求されてしまう などのトラブルがあります。

実際に解約しようとしても、「電話が繋がらない」「海外の事業者で言葉が通じない」という事業者への解約の申し出が困難な悪質な業者が増えているようです。

image1
(独)国民生活センターは16日、ホームページやSNSの広告で、お試しのつもりで通常より安い商品を購入したが、実は定期購入契約だったというトラブルが急増しているとし、ホームページで注意喚起した。

通信販売では、「お試し価格」「初回無料」などとうたった健康食品・化粧品・飲料の定期購入に関する相談が年々増加し、2011年度以降、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)に1万1812件寄せられている。15年度の相談件数(5620件)は、11年度(520件)の10倍以上に急増している。

トラブル事例では、「健康に良い」「ダイエット効果あり」「バストアップ効果あり」「有名女優も使用」などとうたう広告に表示されている「1回目は無料。送料500円」などの情報を見て、初回はお試しで購入。1度限りと思ったが2回目が届いたため、定期購入だと気づいて解約を申し出たが、事業者は「定期購入が条件」「途中解約は1回目と2回目の通常価格と送料の支払いが必要」と回答した。

相談事例の問題点としては、「定期購入であること・解約ができないことの表示がわかりにくい」「解約を申し出たら通常価格を請求される」「事業者への解約の申し出が困難」という点を挙げた。

国センは消費者に対し、契約内容や解約条件を確認すること、トラブルになった場合は消費生活センター<188(いやや)>に相談することを呼びかけた。
(引用元:「お試し購入→定期購入」のトラブルが4年で10倍に急増…国セン)

どうして?お試しのつもりが定期購入になる仕組み

上記のニュースを知っていても、定期購入をしたつもりじゃなかった!という人が後を立ちません。

どうして、お試しのつもりが定期購入なる仕組みを解説しましょう。

理由は、スマホでの視認率が悪いことです。

初回お試し価格500円という文言を見かけたので、サプリを購入しようと思うと、以下のような公式サイト(LP)に行き着くことが多いです。

スマホ_解約できない

定期購入が前提であるというデメリット表示は非常に小さい文字にも関わらず、初回500円という文言は大きいです。

加えて、「モニター価格やモニターコース」等と記載して、定期コースにも関わらず「1回限りのお試し」のように誤解を生みやすい設計であることも確認されています。

また、購入ボタンをクリックすると、ページの下部まで一気にジャンプするので「定期購入」であるデメリット表示を読み飛ばす可能性があります。

つまりは、定期購入であること・解約ができないことの表示がわかりにくいに全ては原因があります。

上記のビジネスモデルで販売されている、サプリメントには芸能人、YouTuberなどを監修として、キャンペーンモデルに採用することが多いです。

  • 大好きな芸能人が使っている
  • YouTuberの○○が取り上げていた

と露出を出来るだけ増やして認知度をあげるというビジネスなので、「お試しだ!」と飛びついてしまう消費者も多数いると思います。

途中解約できない定期購入

上記のような定期購入の仕組みは、2つ問題点があります。

1つ目が、「解約を申し出たら通常価格を請求される」

2つ目が、「事業者への解約の申し出が困難」

詳しく見ていきましょう。

問題点1:解約を申し出たら通常価格を請求される

1つ目の問題点は、解約を申し出たら通常価格を請求されるという点です。

お試しと思ってサプリを購入したにもかかわらず、定期購入になっており2ヶ月目のサプリが送付されたら解約したい!思う人もいるでしょう。

解約しようと思って、電話をすると、差額の○万円が発生しますと言われることがあります。

実は、購入条件に小さくですが「○ヶ月継続のお約束」と書いているにも関わらず、途中解約するには定価の差額を請求されることもあります。

例えば、定価が10000円のサプリが、お試し500円。定期購入6000円だとしましょう。

2ヶ月目で「お試しではない!解約したい」と気づいた場合は、定価20000円から割引価格6500円の差額13500円を追加で請求される可能性があります。

解約して定価との差額を請求されるなら、3ヶ月目まで継続した方がお得だった・・・・・ということもあるでしょう。

定期購入ビジネスには、企業側の事情もある

定期購入ビジネスのメリットは、販売予測が立てやすく、ギリギリまで在庫リスクを減らす事ができます。

サプリメントは流行が激しく、今年売れまくっていても、来年は同じように売れるかは分からないです。

企業は在庫リスクを出来るだけ減らすために、定期購入に力を入れています。

定期購入にする事で無駄な在庫を抱える事なく、出来るだけ安価な価格でサプリを消費者に届ける事が可能になります。

問題点2:事業者への解約の申し出が困難

2つ目の問題点は、定期の解約が出来ない。返金対応の条件が厳しい。という点です。

上記のビジネスは、返金保障をつけていることが多いです。

返金保障をつけることで、一旦買ってみよう!と思ってクリックしちゃいがちですが、返金保障の条件が非常に厳しい時があります。

企業は返金保障をつける代わりに、返金条件を非常に厳しくして返金率を下げることが多いです。

返金条件は、以下を組み合わせている事が多いです。

  • 電話でしか、解約を受け付けない
  • 商品パッケージ(開封済可)+納品書のセットが必要
  • 商品到着から30日間のみが対象
  • 初回購入の1回のみを対象
  • 返金保障を受けると、今後は購入は不可。

上記の返金保障は、長期間の返金保証をつけている企業ほど厳しい条件をつけている傾向にあります。

30日間までは普通の返金保障ですが、90日、永久保障などをつけているブランドは返金条件が厳しい事も。

厳しい返金保障には、企業側の事情もある

返金保証制度の悪用をする消費者が一部に存在する事から、企業は対策が必要な状況です。

全く返金条件をつけなかった場合、以下の悪用が可能になります。

サプリの価格:7000円返金額:7000円+②転売額:5000円+③セルフバック:3000円=15,000円の収入に!

例えば、アフィリエイトでセルフバックでサプリの申し込みを行い、メルカリでサプリを転売した後に、返金を申し込むという事です。

上記のような事を防ぐために、企業はサプリの袋を捨てずに返品してもらったり、セルフバックのサービスを制限したりと様々な対策を打っています。

サプリの定期購入を解約をするにはどうすればいいの?

契約条件を確認する

サプリをネットで購入する時は、契約内容や解約条件を確認することが大切です。

まずは、購入した時のサイトを確認しましょう。
(サイトの一番下に、契約条件が記載されている事が多いです)

サプリの解約をメールで受け付ける所は非常に少なく、多くは電話です。

電話番号を調べて、連絡しないといけません。

返金保障を受けれるかも!

上記の電話をする前に、返金保障の条件を確認しましょう。

  • 商品のパッケージ
  • 納品書
  • 免許書のコピーなどの本人確認できる書類

は、必要である事が多いです。

また、商品送付から○日以内とかの期間の条件もあります。

トラブルになったら、消費生活センターへ

定期購入を解約しようと思っても、企業が解約に応じず一方的に商品が送られてくるなどの悪質なトラブルになったら、消費生活センターに電話をしましょう。

消費生活センターのHPを見る

類似のインタネットトラブルの相談は多いので、消費生活センターから、「お試し」のつもりが「定期購入」に!?第2弾-健康食品等のネット通販では、契約内容や解約条件をしっかり確認しましょう-という感じで注意喚起が定期的に発信されています。

まとめ

「お試し」のつもりが「定期購入」になっていたというトラブルについて、解説記事を記載しました。

ネット通販の定期購入に関するトラブルの相談件数は、2016年度の相談は14,314件と、2011年度(520件)の27.5倍にまで増えています。

スマホの利用率が増えることで、「メリット表示」のみが優先され「デメリット表示」が見つけにくいという状況が発生しています。

企業側が改善していくのはもちろんですが、消費者側としても知識をつけトラブルを避ける必要があります。

※記事内の情報(サプリの価格、成分の情報等)は記事の投稿日に準します。 なるべく、情報更新に努めておりますが、最新情報と異なる場合があります事をご了承下さい。 ※当サイトの商品情報は商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、医師や薬剤師およびその他の資格をもった専門家の意見に代わるものではありません。 ※当サイトの情報は病気を治すための自己診断に使うことはできません。







オススメ記事一覧

野菜ジュース_比較ランキング 1

栄養価の高い野菜ジュースの選び方の4つのポイントを整理 野菜ジュースの中には、野菜100%の野菜ジュースから、果汁の配合が多い飲み易さを重視した野菜ジュースまで多数の野菜ジュースが販売されているので、 ...

サラシアサプリ_比較ランキング 2

サラシアを取り入れて、無理なく糖質制限! 「食べたいものを我慢するのが嫌だ」という人にオススメなのが、無理なく糖質制限をする事です。 糖質の多い食事をとると血糖値が急上昇し、太る原因になります。 「ご ...

-まとめ

Copyright© サプリメント評価.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.