野菜ジュース評価・比較

コンビニのグリーンスムージーとサラダの違いは?【スムージーは効果なし?】

投稿日:2018年9月28日 更新日:

コンビニで、サラダを食べる代わりに、パンとグリーンスムージーを一緒に買う人多いですよね。

きっと、野菜ジュース、フレッシュジュースではなく、グリーンスムージーを選ぶ人の多くは「食物繊維」補給を期待している人も多いです。

実は、ローソンとか、セブンイレブンなどで売っている、コンビニのグリーンスムージーは、サラダの代わりになりません。
むしろ、サラダ違って、グリーンスムージーは糖質おばけなので、野菜の代用とするには全然効果なしです。

特に、サラダの代わりにグリーンスムージーを飲むなら、食物繊維の配合量に注意したいです。

管理人
サラダを食べる理由の殆どは、ダイエットに嬉しい食物繊維を摂取できること。

サラダほど、効率よく食物繊維を補給できる食べ物はありません。

しかし、サラダと違って、グリーンスムージーには食物繊維は殆ど入っていません。

食物繊維の配合量が多いグリーンスムージーを一生懸命探しましたが殆ど見つからず・・・。

強いて選ぶなら、ローソンの「グリーンスムージー Off&Plus」です。

NL グリーンスムージー Off & Plus

グリーンスムージー Off&Plusは、ローソンのグリーンスムージーのシリーズの中で、食物繊維の配合量が一番多く、6.4g/1本当たりです。(1日に必要な食物繊維の1/3に相当します。だいたい、サラダ1食分くらい)

シリーズ品の栄養成分をCHECK!

しかし、ローソンの「グリーンスムージー Off&Plus」には食物繊維、寒天を添加しているため、野菜由来の食物繊維ではないです。

結論としては、コンビニで売っている「グリーンスムージー」は、サラダの変わりになりません。
なぜなら、グリーンスムージーと、サラダの大きな違いとして

  • 「グリーンスムージーは、野菜の汁しか入っていない」
  • 「グリーンスムージーは、食物繊維の少ない野菜ばかり配合している」
  • 「グリーンスムージーは、フルーツ、糖分の多い野菜などの飲みやすい原料を沢山使ってるから」

という3つの理由があります。

もっと、詳しく見ていきましょう。

コンビニのグリーンスムージーとサラダの3つの違い

管理人
コンビニのグリーンスムージーを飲んでも、サラダを食べたことにならない事を解説します。

理由1:食物繊維を製法で除去しているから

野菜ジュース
グリーンスムージーとサラダの決定的な違いは、食物繊維の配合量です。

グリーンスムージーには、食物繊維が全然入っておらず、理由は「食物繊維を製法で除去しているから」です。

一例として、ローソンで一番売れているグリーンスムージーの原材料を見てみましょう。(さっきのOff&Plusではなく、一番人気を例としました)

グリーンスムージー_原材料

(原材料名)
野菜汁(ケール、さつまいも、にんじん、こまつな、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、みつば)、果汁(りんご、バナナ、キウイフルーツ、レモン)、果糖、スピルリナ、寒天、香料

となっていますね。

注意しないといけないのは、「野菜汁」となっているところ。

「野菜汁」と「野菜」は別物です。

「野菜汁」というのは、野菜の食物繊維を除去したという事で、実質は野菜ジュースの言い換えですね。

サラダ・野菜を食べる理由に、食物繊維を摂取する事がありがますが、スムージーでは食物繊維を摂取できません。

むしろ、果糖が添加されている分、野菜よりも太る飲み物と言えます。

グリーンスムージーを飲むくらいなら、カットフルーツを食べる方が太らないです。

つまり、グリーンスムージーを飲んでも、糖質ばっかり補給していると言えますね。

もちろん、グリーンスムージーがサラダよりも優れた点はあり、食物繊維を除去する過程で「細胞壁が壊されている」点です。

細胞壁は、野菜の栄養素の吸収率を下げるため、グリーンスムージーの方が吸収率が高いです。

ビタミン、ミネラル、フォトケミカルの吸収率は上がっても、グリーンスムージーの本質は糖質であり、栄養素自体が少ないと考えられます。

結果として、グリーンスムージーは血糖値が上がりやすくなり、体脂肪が増えやすいです。

そのため、グリーンスムージーがサラダよりも優れるメリットとデメリットを天秤にかけても、グリーンスムージーが優れている点は殆どないです。

理由2:食物繊維の少ない野菜ばかり配合しているから

野菜_シズル感
食物繊維が除去されていると言いましたが、除去されているのは「不溶性食物繊維」

食物繊維には、2種類あって、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があります。

そのため、野菜汁であっても、「水溶性食物繊維」が配合されています。

水溶性食物繊維の配合量が多い野菜といえば、「にんにく、ごぼう、オクラ、モロヘイヤ、芽キャベツ、キノコ類」が挙げられます。

しかし、グリーンスムージーには、水溶性食物繊維の多い野菜は配合されることはないです。

むしろ、甘くて飲みやすいように、「糖質」の多い野菜を使います。

栄養成分を見てみると、

炭水化物 21.8g
-糖質 19.2g
-食物繊維 2.6g
となっており、殆ど糖質だとわかりますね。

管理人
グリーンスムージーを手にとって、栄養成分を見たら「コレは罠か?」と叫びたくなります。

食物繊維 2.6gと記載されていますが、食物繊維は野菜よりも配合されている、寒天由来だと推測します。

理由3:フルーツ、糖分の多い野菜などの飲みやすい原料を沢山使ってるから

果物_果実
グリーンスムージーに使用される野菜は、さつまいも、人参が定番ですね。

グリーン要素の野菜は配合されていても、配合量が少ないです。

ローソンのグリーンスムージーに配合されている野菜の多い順番に並べると、

▶︎ケール、さつまいも、にんじん

となります。

やはり、糖質の配合量が多い、「さつまいも、人参」が使用されているのが印象的です。

まとめ

野菜を食べる代わりに、コンビニのグリーンスムージーを飲む人がいますが、サラダの代わりになりません。

グリーンスムージーは糖質量が多いので、ただ単に緑色のジュースを飲んでいるだけ。

何と言っても、コンビニのグリーンスムージーは食物繊維を除去しているため、

今回紹介したローソンのグリーンスムージーは、果物の配合量が少ないので、ヘルシーな方です。

他の果物多めのグリーンスムージーはおいしいけど、糖質がもっと多いので要注意です。







オススメ記事一覧

野菜ジュース_比較ランキング 1

>>>野菜ジュースの選び方は飛ばして、ランキングへ飛ぶ 栄養価の高い野菜ジュースの選び方の4つのポイントを整理 野菜ジュースの中には、野菜100%の野菜ジュースから、果汁の配合が多い飲み易さを重視した ...

サラシアサプリ_比較ランキング 2

サラシアを取り入れて、無理なく糖質制限! 「食べたいものを我慢するのが嫌だ」という人にオススメなのが、無理なく糖質制限をする事です。 食べたいものを我慢して食べるのは、メタボや糖尿病に繋がる恐れも・・ ...

-野菜ジュース評価・比較
-, ,

Copyright© 食べるダイエット研究ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.