糖質制限ダイエット

コンビニの体脂肪減らす食事8選【食べて痩せるダイエット食】

投稿日:

食べながら、体脂肪を減らすにはどうしればいいの?

人間の体が体脂肪を減らすためには、3つのメカニズムがあります。

1つ目が、摂取エネルギーよりも消費エネルギーが多いことです。
簡単に言うと、カロリーを減らせということ。

食事からのカロリーを減らすことで、体脂肪を減らすことが可能です。

2つ目が、血糖値をあげにくくすることです。
糖質は食べ過ぎると、体脂肪に変換されます。

特に血糖値が高いと糖分が脂肪に変換されます。
簡単に言うと、血糖値を上げにくくする成分を食べるのをオススメです。
具体的には、食物繊維が良いですね。

3つ目が、脂肪を燃焼しやすくする成分を摂取すること
唐辛子や、カルニチンなどの脂肪燃焼を高める成分は、体脂肪をエネルギーとして消費しやすくします。

管理人
3つの中でも、食物繊維は非常にオススメです。
エビデンスが多く、実感性が高いです。

コンビニの体脂肪減らす食事8選【食べて痩せるダイエット食】

1.もずく

もずく
もずくには食物繊維の一種であるフコイダンが含まれています。

フコイダンには、「コレストロール値を下げ、糖質の吸収を緩和」する作用があると研究で報告されている成分です。

もずくを食事を食べる前に食べると、血糖値が上がりにくくなるので、体脂肪が作られにくくなります。

もずくはカロリーも殆どないので、ダイエットを強力にサポートしてくれます。

2.海藻サラダ

海藻サラダ
海藻サラダも、食物繊維の配合量が多いので、体脂肪を減らす食品の1つです。

おまけに、海藻は低カロリーで食物繊維やミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

わかめに含まれる、水溶性食物繊維には糖質の吸収を抑えてくれるので、食事の前に食べるのがオススメ。

3.千切りキャベツ

千切りキャベツ
キャベツは、カロリーが低く、食物繊維の塊なので、ダイエットにオススメ。

セブンイレブンでは、洗わずにそのまま食べれるキャベツも売っていますので、非常に便利。

ドレッシングをかけて、食事の前に食べるだけで、血糖値が上がりにくくなります。

4.キムチ

キムチ
キムチには、食物繊維が2gくらいに加えて、脂肪燃焼効果のある唐辛子、お腹の調子を整える乳酸菌が入っています。

唐辛子に含まれる、カプサイシンは、体脂肪をエネルギーに変換しやすくなります。

5.そば

そば
そばは、麺類の中でも、食物繊維の配合が多く、糖質が少ないので、体脂肪を減らす食品の1つです。

特に、麺類の中では、そばは血糖値が上がるにくいので、低GIの食品です。

▶︎穀物・パン・麺類(高GI食品)
食パン(95)
精白米(88)
もち(85)
うどん(85)

▶︎穀物・パン・麺類(低GI食品)
パスタ(65)
玄米(55)
ライ麦パン(55)
そば(54)
全粒粉パン(50)

引用元:炭水化物で太るのはなぜ?【血糖値が高いと糖分が脂肪になる仕組みとは?】

低GIの食品は血糖値が上がりにくいので、体脂肪になりにくいのです。

また、他の麺類と比較すると、蕎麦には食物繊維の配合量も多いため、血糖値が上がりにくいです。

6.豆腐スープ

豆腐スープ
豆腐スープの中でも、辛味が多い豆腐スープがオススメ。

キムチと同じように唐辛子のカプサイシンの他、タンパク質の塊である豆腐が入っています。

スープはカロリーが低いわりに、満腹になりやすいので、オススメ。

カロリーを減らして、体脂肪を減らしていきましょう。

7.納豆

納豆
納豆は高タンパク、高食物繊維の食品です。

納豆は食前に食べることで、痩せることができるのはご存知ですか?

サラダと同じように、ご飯の前に食べるのが理想的です。

納豆は食物繊維以外にも、ナットウキナーゼなどの血液サラサラ成分も含むので、毎日食べたい食品の1つです。

8.鯖缶

さば水煮
鯖缶は、タンパク質が豊富に含まれるだけでなく、良質な油が含まれているのが特徴です。

さば水煮は、魚の缶詰の中でもっともオメガ3のDHA、EPAが配合量が多いです。
特に、EPA(エイコサペンタエン酸)には、ダイエットに良い効果が、いくつか報告されています。

・EPAは、運動と併用で体脂肪の減少促進。
・EPAは、痩せホルモンの「GLP-1」の分泌促進。

特に、EPAは、食事で食物繊維と一緒に摂ることで、ホルモン「GLP-1」が分泌されると言われています
結果として、糖が体脂肪になりにくいので、太りにくくなりますね。

GLP-1:糖の代謝に関わるホルモンで、肥満の人には少なく、やせている人が多く持っています。

コンビニの体脂肪を増やすNG食品の特徴

1.炭水化物を避ける:丼もの、麺類は避ける

ラーメン
炭水化物はデブの元です。

特に、丼もの、麺類は炭水化物が多いので、血糖値が上がりやすいので、オススメ度が低いです。

丼もの、カレー、うどん、ラーメン、パスタは、成分的には糖質の塊なので、太りやすいです。

コンビニの丼ものには、角砂糖15〜25個分くらいの糖質が入っています。
そのため、砂糖であろうが、炭水化物であろうが、お腹に入ったら最終的に同じです。

そのため、砂糖は太るけど、ご飯や麺類は太らないとかは絶対にないです。

2.脂質が多い:揚げ物を避ける

サラダ_揚げ物
揚げ物は、カロリーが非常に高いので、体脂肪に変換されやすいです。

コロッケなどのホットスナックはダイエット中に避ける人は多いですが、揚げ物の多いサラダには要注意。

コンビニのサラダが、野菜だけでなく、唐揚げなどの揚げ物が沢山乗っているサラダが多いので、注意しましょう。

3.炭水化物を減らす:パンは糖質の塊

パン
パンは太る原因である、小麦、バター、砂糖の塊です。

そのため、糖質と脂質の塊なので、太る食べ物の代表格。

パンを食べたらお腹がいっぱいになり、他の栄養素であるタンパク質、ビタミン・ミネラルなどが摂取しにくです

そのため、パンは太る物と言えます。

まとめ

コンビニの体脂肪減らす食事を紹介しました。

体脂肪を減らすためには、3つの栄養素があります。

  • 食物繊維
  • EPAなどの良質な脂質
  • カプサイシンなどの燃焼成分

特に、食物繊維は手軽に摂取できるので、オススメです。







オススメ記事一覧

野菜ジュース_比較ランキング 1

>>>野菜ジュースの選び方は飛ばして、ランキングへ飛ぶ 栄養価の高い野菜ジュースの選び方の4つのポイントを整理 野菜ジュースの中には、野菜100%の野菜ジュースから、果汁の配合が多い飲み易さを重視した ...

サラシアサプリ_比較ランキング 2

サラシアを取り入れて、無理なく糖質制限! 「食べたいものを我慢するのが嫌だ」という人にオススメなのが、無理なく糖質制限をする事です。 食べたいものを我慢して食べるのは、メタボや糖尿病に繋がる恐れも・・ ...

-糖質制限ダイエット
-

Copyright© 食べるダイエット研究ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.