まとめ

あなたは騙されてませんか?"天然"、"合成"…のホント話。

投稿日:2018年9月8日 更新日:

ドラッグストアーのサプリメントを売っている棚の目の前にいるとして、

・『天然成分』と『天然由来成分』のみ配合のサプリ

・『合成成分』も適宜配合したサプリ

の2種類サプリが販売されていたら、どっちを選びますか?

pill-3069032__340

「食品添加物は嫌だ・・・・。」

「食品添加物は危険だから、避けないと!」

という理由で、『天然成分』と『天然由来成分』のみ配合のサプリを選ぶのであれば、少し『天然=安全』という考え方を改める必要があるかもしれません。

管理人
天然=安全という考え方は、科学的ではないです!

Googleで「食品添加物」と入力すると、「食品添加物 危険」と真っ先に出てくるので、食品添加物=体によくないものという認識があるもの。

天然成分=体に良いで、食品添加物=体によくない

という考え方はもはや当然のように我々の生活に浸透しています。

しかし、これは全く正しい考え方ではありません。

私自身が食品添加物=危険と考える理由の1つに、食品添加物の事をよく知らないという事が挙げられると思っています。

管理人
私はサプリの開発に携わっていたので、食品添加物は毎日触ってました。

食品添加物の誤解を少しでも発信したいと思っています。

食品添加物で悪者にされる、「アスパルテーム」という有名な化学合成品があります。

これは甘味料として、多くの加工食品も配合されており、少量で高い甘みを持っているので食品のカロリーを減らすために使われています。

しかし、腎臓機能障害などがあるというような情報が出回り、「アスパルテーム」が悪者扱いされるようになっています。

しかし実際には、メリット・デメリット天秤にかければ、全く取るに足らない程度の影響でしかありません。

私自身も、普通のコーラは飲まないですが、ゼロ・コーラはガブガブ飲みます。

コーラ

普通のコーラに含まれる果糖ブドウ糖は吸収性が高く、血糖値を急激に挙げる上、カロリーがあるため体脂肪の元になります。

しかし、ゼロ・コーラに含まれる人工甘味料はそのまま体外に排出されますし、適正量であれば無害と考えているからです。

なぜそのように言い切れるかというと、食品添加物のメーカーの資料や、論文を読んだりして自分で納得しているからです。

人工甘味料のメリット・デメリットをもっと知りたい人は、下記記事をどうぞ。

人工甘味料の事が全部わかると思います。

images
ゼロカロリー飲料が危険は偏見【人工甘味料の危険性とメリット】

ゼロカロリー飲料・食品は危険は本当か? ゼロカロリー飲料は危険! 人工甘味料は、毒だから 解毒する必要がある とか言われますが、かなり偏見に満ち溢れた考えです。 様々な研究があり「血糖値は上昇しないが ...

続きを見る

そもそも、食品添加物が危険と言われる理由として、食品添加物は安全性をきちんと検証した上で

一方で、天然成分は食経験があるという理由だけで、安全だと言われています。

科学的な視点で経てば、天然成分のほうが健康リスクが不明な分、危険性が高いのに。。。。。

と常々思っています。

そのため、天然成分を配合した健康被害が後をたたず、国民生活センター等の行政は様々な天然成分を配合したサプリの注意喚起を出しています。

少し前だと、豊胸サプリの成分として、天然成分「プエラリア」で健康被害が起こっています。

「プエラリア・ミリフィカ」という植物の成分を含むサプリメント(栄養補助食品)による健康被害が相次いでいるとして、国民生活センターなどが摂取を控えるよう呼び掛けている。

この成分は10年以上前にも「更年期障害に効く」と中高年女性の間でブームになったが、今回は「豊胸効果がある」と若い女性が多いのが特徴。専門家は安易な摂取に警鐘を鳴らす。

 「生理が止まった」「大量の不正出血が起こった」-。全国の消費生活センターなどに「プエラリア・ミリフィカ」の成分を含むサプリの摂取者から寄せられる健康被害の訴えが急増している。過去5年(2012年4月~今年4月末日)に寄せられた209件のうち200件近くが15年度以降に集中しているのだ。

「胸が大きくなる」はずが…健康被害 「女子力アップにサプリで女性ホルモン」に潜む落とし穴

綺麗になろうとサプリを飲んだのに、サプリを飲んだほうが悪化した・・・・・。という状況になりうるのは誰にでもあるのです。

なぜなら、プラエリアの例のように、天然成分の多くは安全性の検証が十分でないにも関わらず、サプリとして販売されている事が多々あるからです。

そのため、天然=安全というのは間違っています。

ネットで調べても、危険という情報がないから安全というのは間違いで、情報がない=誰も調べていないという事です。

一方で、危険といわれる食品添加物は、危険な量を算出した上で、絶対な安全な量しか配合できないという仕組みになっています。

でも、食品添加物には危険性がある事には変わらないでしょ?という人がいると思いますが、それは「小麦」「米」といった日常摂取する食品も同じ事です。

小麦だって、毎日100kg食べたら、体に不具合がでるでしょう。

食品添加物の安全性調査でも、同じように人間が絶対たべれないような量を、マウスに食べさせて、安全性の評価をしています。

そのため、食品添加物に毒性があるとなっても、極めて極端な条件です。

管理人
合成品=危険という一元論はよくありません。

食品添加物は確かにリスクもあるが、1日○mgなら問題ないというようなスタンスが科学的です。

ネットで出てくる食品添加物=危険という情報の多くは、情報を発信する側の都合の良い部分だけを切り取ってるといも言えます。

上記のように、天然由来だから安全、合成だから危険というのは断言するのは難しいとお分りいただけたと思っています。

要するに、素人知識では「天然と合成」の優劣の判断をするのは難しいといえます。

もちろん安全な天然成分も多くありますし、合成着色料のように基本は避けるべき合成素材も多々存在します。

しかし合成品=危険という考えは数十年前のリスク評価の仕組みができていない時代の話であり、天然成分ばかり選んでいたらマルチ商法などの悪徳ビジネス騙されかねません。

やはり、消費者である我々がきちんと知識をつけて、自分で選ぶという事が大切です。

そのために必要な知識、武器を当ブログで発信していければと思っています。







オススメ記事一覧

野菜ジュース_比較ランキング 1

>>>野菜ジュースの選び方は飛ばして、ランキングへ飛ぶ 栄養価の高い野菜ジュースの選び方の4つのポイントを整理 野菜ジュースの中には、野菜100%の野菜ジュースから、果汁の配合が多い飲み易さを重視した ...

サラシアサプリ_比較ランキング 2

サラシアを取り入れて、無理なく糖質制限! 「食べたいものを我慢するのが嫌だ」という人にオススメなのが、無理なく糖質制限をする事です。 食べたいものを我慢して食べるのは、メタボや糖尿病に繋がる恐れも・・ ...

-まとめ

Copyright© 食べるダイエット研究ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.