サプリの疑問に答えます。

健康食品やサプリに界面活性剤が入っているって本当?

投稿日:

界面活性剤_食品

博士
健康食品やサプリに界面活性剤が入っていますが、化粧品とは別物です。

そして、食品に配合される、界面活性剤は非常に安全です。

界面活性剤は、水と油が一緒に混ざるようにするために配合する物質です。

界面活性剤といえば、化粧品や石鹸に配合されているというイメージがありますが、食品にも配合されることが多いです。

界面活性剤を配合する食品の代表例では、アイスクリームの口当たりをよくするために配合したり、パンの焼き上がりを良くするために配合します

もちろん、サプリメントにも界面活性剤を配合しており、ソフトカプセルの内用液に粉末を均一に混ぜるためにも配合します。

界面活性剤と一口でいっても、化粧品と食品に配合されている界面活性剤は別物です。

化粧品に配合される界面活性剤は刺激が強い成分(アンモニウム塩、ラウレス硫酸Na)ですが、食品に配合されるのは毒性がほとんどない食品添加物です。

そのため、食品に配合される界面活性剤は、毒物は避けないといけないという成分ではありません。

極論をいえば、コーヒー、牛乳などの日常の食べる食品は、水・油が混ざった状態なので界面活性剤入りと言えます。

また、マヨネーズは、卵黄中に含まれるレシチンが乳化剤として働いて、サラダ油が卵や酢の中に均一に混ざっている食品です。

マヨネーズ

界面活性剤と聞くと悪いイメージがありますが、食品に含まれる界面活性剤は化粧品と別物と考えて欲しいです。

健康食品に配合される界面活性剤は?

界面活性剤は主に食品添加物に分類される成分としては乳化剤として表記される成分です。

乳化剤は、水と油を均一にする(乳化)ために配合します。

代表的な乳化剤をPick Upしました。

代表的な乳化剤(界面活性剤)

どうしても界面活性剤が気になるという人向けに、主要な乳化剤を紹介します。

原材料表示に食品添加物として、下記の原料が配合されているかをCHECKしましょう!

グリセリン脂肪酸エステル(グリセリンエステル)
・・・使用対象食品:マーガリン、乳製品、乳飲料、菓子類など

サポニン(キラヤ抽出物、ダイズサポニン、チャ種子サポニン)
・・・使用対象食品:清涼飲料水、酒類、乳製品、菓子類など

ショ糖脂肪酸エステル(ショ糖エステル)
・・・使用対象食品:ホイップクリーム、ケーキ、清涼飲料水、カレールーなど

レシチン(植物レシチン、卵黄レシチン)
・・・用対象食品:アイスクリーム、マーガリン、菓子類、調整粉乳などに広く使用されています。

健康食品、サプリに配合されることの多い界面活性剤は?

サプリ_副作用
健康食品の中でも、ソフトカプセル・錠剤は界面活性剤をほぼ100%といって良いくらい配合しています。

ソフトカプセルは、内用液に粉末を均一に分散させるために、ミツロウやグリセリン脂肪酸エステルといった乳化剤を配合します。

錠剤は、錠剤を固めるため(正確には滑沢剤として配合し、錠剤が機械に付着しないようにする)に配合します。
配合する成分は、ショ糖脂肪酸エステル、ステアリン酸カルシウムが一般的です。

界面活性剤が絶対嫌だという人は、ソフトカプセル・錠剤は避けましょう。

まとめ

界面活性剤は非常に恩恵が大きい存在で、加工食品のほとんどに使用されています。

また、自然界に存在する卵の黄身(乳化剤のレシチン)にも界面活性剤が含まれているくらい、自然な成分です。

界面活性剤=悪と一括りにせずに、界面活性剤にも様々な種類があると思っていただけると幸いです。

参考:食品衛生の窓:用途別 主な食品添加物

※記事内の情報(サプリの価格、成分の情報等)は記事の投稿日に準します。 なるべく、情報更新に努めておりますが、最新情報と異なる場合があります事をご了承下さい。 ※当サイトの商品情報は商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、医師や薬剤師およびその他の資格をもった専門家の意見に代わるものではありません。 ※当サイトの情報は病気を治すための自己診断に使うことはできません。







オススメ記事一覧

野菜ジュース_比較ランキング 1

野菜ジュースが、野菜不足解消に優れた3つの理由は? 私たちの健康維持には欠かせない野菜は、ビタミン・ミネラル・食物繊維など体の基本となる栄養素をギュッと詰まっているのが特徴です。 野菜の1日の摂取目安 ...

サラシアサプリ_比較ランキング 2

サラシアを取り入れて、無理なく糖質制限! 「食べたいものを我慢するのが嫌だ」という人にオススメなのが、無理なく糖質制限をする事です。 糖質の多い食事をとると血糖値が急上昇し、太る原因になります。 「ご ...

お腹 3

腸の役割は、食事に含まれる栄養素を消化・吸収したり、うんちの排泄だけではありません。 腸内フローラの研究が進むにつれ、腸は「第2の脳」といわれるほど様々な働きを持っていることが日夜を問わず報告されてい ...

-サプリの疑問に答えます。

Copyright© サプリメント評価.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.