サプリの疑問に答えます。

滞在型ビタミンCサプリは効果なし?|ビタミンCパルミテートはお金の無駄

投稿日:2018年5月3日 更新日:

サプ子
ビタミンCパルミテートって値段が高いけど、価格に見合う効果があるの?

という質問をいただいたよ。

管理人
健康食品の開発に10年いた経験を生かして、今日はビタミンCサプリの選ぶポイントを教えるよ。

H.N:ゆうてん
年齢:27才
性別:男性

美容目的でビタミンCサプリを購入しようと思っています。
しかし、ビタミンCサプリは種類が多すぎて、選び方が全然わかりません。

ビタミンCサプリを選ぶためのポイントを教えて欲しいです。

お医者さんが推奨している、『高浸透ビタミンC』『滞在型ビタミンC』は値段が高いけど、本当にいいのでしょうか?

回答を宜しくお願いします。

滞在型ビタミンCってどんなビタミンC?

管理人
体内での分解に時間がかかる、ビタミンCだね。

つまり、本質は普通のビタミンCと変わらずに、吸収が緩やかなだけだ。

『高浸透ビタミンC』『滞在型ビタミンC』は、ビタミンCパルミテートのことですね。

通常の水溶性ビタミンCと比較すると、ビタミンCパルミテートは吸収性に優れ、持続性は約4倍と言われています。

どういう事でしょうか?

実は、水溶性のビタミンC(L-アスコルビン酸、L-アスコルビン酸Naを指す)は体に吸収されやすいという特徴がありますが、一気に摂取すると体外に排出されるという弱点があります。

つまり、普通のビタミンCは、吸収性が悪いです。
なぜなら、人間の体が一度に利用できる、ビタミンCの量が限られているからです。

一方で、脂溶性のビタミンC(ビタミンCパルミテート)は体に吸収されにくいですが、ゆっくりと体に吸収できるので無駄なく吸収できますね。

ビタミンCパルミテートが吸収が遅い理由は、ビタミンCパルミテートの構造式に秘密があります。

ビタミンCに、脂肪酸のパルミチン酸がくっついてるので、水に溶解しません。
そのため、体内で利用されずらいです。
73_clip_image002

ビタミンCの吸収率だけに注目すると、ビタミンCパルミテートは優れたように見えますが、ビタミンCの必要量は限られているので「ビタミンCパルミテート」である必要がないのです。

管理人
つまり、吸収率よりも、量が重要だということです。

ビタミンCパルミテートは吸収率が4倍と聞くと、効果も4倍!? となりますよね。

しかし、ビタミンCパルミテートの効果が高いわけでないです。

なぜなら、ビタミンCの吸収率が高くても、体の必要量は一定なのでたくさん吸収しても意味がないです。

しかも、ビタミンCパルミテートは値段は普通のビタミンCサプリの10〜20倍の価格がします。

つまり、ビタミンCパルミテートサプリは、コスパが超悪いのでお金の無駄です。

もっと詳しく見てみましょう。

▶︎記事のポイント

  • ビタミンCの必要量は決まっているので、たくさん摂取する意味が無い。
  • ビタミンCパルミテートは値段が高すぎで、他のサプリの方が良い
  • コスパの高い、持続型サプリもある。

そもそも、ビタミンCって1日にどれくらい摂取すればいいの?

管理人
ビタミンCは1日100〜1000mgが目安

ビタミンCはレモン、いちごなどの果実に多く含まれるビタミンです。

ビタミンCは機能性の多さから、万能のビタミンとも言われます。

いちご

ビタミンCの主な機能性をPick Upすると、

  • ビタミンCは、体を構成するコラーゲン生成に役立つ
  • 抗酸化作用により、“加齢”や'ストレス'に立ち向かう!
  • 美肌ビタミンともいわれ、シミやくすみ対策の化粧品にも多く配合

といった機能を持つと報告されています。

より詳しい効果をCHECK!

つまり、ビタミンCは美容には無くてはならないビタミン成分です。

化粧_女性

しかも、ビタミンCは体内で合成できない成分なので、食事から摂取しないといけません。

ビタミンCは食事、サプリを含めて摂取目安量は、決まっています。

ビタミンCの1日の摂取目安量は、厚生労働省の日本人の食事摂取基準により定められています。

日本人の食事摂取基準によると、ビタミンCの目安量は1日100mgです。

一方で、ビタミンCの上限の目安は、1000mgです。

厚生労働省の食事摂取基準によると、「サプリメント類から1g/日以上の量を摂取することは推奨できない」と明記されています。

医薬品_サプリ

ビタミンCはたくさん飲むと副作用などの害があるというよりは、体内で利用できる量に限界があるからというのがVC上限1000mgが理由です。
(ビタミンCに副作用がないというわけではなく、1日に3~4gのアスコルビン酸を与えて下痢を認めた報告があります。)

必要量を超えるビタミンCは、内臓から吸収された後に血中を通して尿となって出て行きます。

食事から摂取したビタミンCもいわゆるサプリメントから摂取したビタミンCも、その相対生体利用率に差異はなく、吸収率は200mg/日程度までは90%と高く、1g/日以上になると50%以下となる。

引用元:厚生労働省:ビタミンC基本的事項

ビタミンCパルミテートは、水溶性ビタミンCに比べて効果があるといわれる理由

管理人
ビタミンCパルミテートが優れる点もあるので、完全な無駄では無いがコスパは超悪い

ビタミンCパルミテートが支持される理由の体内利用率の高さにあります。

しかし、利用率が高くなくても、水溶性ビタミンCで体に必要量が摂取できるので大丈夫!

headache-pain-pills-medication-159211

水溶性ビタミンCは血中に一気に吸収されるので、体は全てをうまく利用することが出来ずに、尿になります。

水溶性ビタミンの弱点を改善したのが、ビタミンC誘導体・ビタミンCパルミテートです。

ビタミンCパルミテートは、体内に長く止まるという特徴を持っています。
そのため、ビタミンCパルミテートは体内利用率が非常に高いです。

ずっと体内に居座ってくれて、体にビタミンCを供給してくれます。

水溶性ビタミンCは、2-3時間で尿として体外に排出されてしまいます。
それに対して、ビタミンCパルミテートは体内残存時間が24-48時間と長いです。

持続時間が長いと効果が高いと勘違いしそうですが、体内での利用率が高いだけです。

ビタミンCパルミテートは長時間で、必要量を摂取する。
一方で、水溶性ビタミンCは短期間で、必要量を摂取すると言えます。

水溶性ビタミンCが200mg以上だと、体内利用率が低下しますが、1日の必要量が摂取できるので、わざわざビタミンCパルミテートを摂取する必要はありません。

管理人
ビタミンCパルミテートが無駄な理由をお教えしましょう。

ビタミンCパルミテートサプリが、お金の無駄である3つの理由

理由1:ビタミンCパルミテートは値段が無駄に高い

管理人
ビタミンCパルミテートは、コスパが悪いのでオススメしません。
水溶性ビタミンCと比較して、値段が非常に高いので脂溶性ビタミンCのメリットは皆無です。

ビタミンCは利用効率が高い方が良いという風潮がありますが、サプリの売り方の1つに過ぎません。

ビタミンCパルミテートは、水溶性ビタミンサプリの10〜20倍もします。

しかも、HPには白衣のお医者様が登場して、「いかにビタミンCパルミテートが優れているか」を語ります。
白衣_医者

お医者様が登場させて、広告費をガンガンかけて、本来は必要のない物を売るために必死です。

コスパの高いサプリを選ぶためにも、お医者様が登場するサプリは選ばない方が良いです。

理由2:食事からもビタミンCは摂取できる

管理人
1日3回の食事で、ビタミンCは持続される!
ビタミンCパルミテートの飲む目的の1つに、血中のビタミンC濃度を一定にするという事があると思います。

そのため、血中のビタミンC濃度を一定にしたいなら、ビタミンCパルミテートを1日1回飲むのではなく、水溶性ビタミンCを1日3回に分けて飲めば良いだけです。

加えて、朝・昼・晩に摂取する食事にも、ビタミンCは含まれています。

食事から摂取するビタミンCのおかげで、血中にビタミンCは滞在することになります。

そのため、ビタミンCパルミテートに高いお金を使って、わざわざ体内にビタミンCを溜めておくメリットがないのです。

理由3:コスパの高い、持続型サプリもあるから!

管理人
持続型にこだわるなら、DHCのサプリがあるよ。

水溶性ビタミンCに、崩壊遅延させる成分を配合した「DHC/持続型ビタミンC」というサプリも売っています。

DHC/持続型ビタミンCは錠剤の崩壊を遅延させることで、物理的に体内利用率を高めています。

そして、値段が安いです。

例えば、DHCの持続型ビタミンCは、値段が安い(350円/月くらい)ので、超オススメです。

本当に、DHCはコスパが高いなぁと思います。

持続型ビタミンC 30日分 【栄養機能食品(ビタミンC)】

持続型ビタミンC 30日分 【栄養機能食品(ビタミンC)】

388円(12/19 21:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

一方で、ビタミンCパルミテートサプリはコスパが悪いので、お金の無駄です。

最後に、ビタミンCサプリの選び方で、よくある質問を整理しました。

ビタミンCサプリの選び方で、よくある質問

ハイチオールCなどの医薬系と、ネイチャーメイドのビタミンCなどのサプリ系は、違うの?

管理人
ビタミンCは同じだけで、医薬品にはしみ・そばかすに効果のあるシステインが入っている

ハイチオールCなどの医薬系と、ネイチャーメイドのビタミンCなどのサプリ系に配合されているビタミンCは、アスコルビン酸なので同じビタミンCが配合されています。

しかし、ビタミンC以外の成分に注目すれば、ハイチオールCなどの医薬系には有効成分を配合です(しみ・そばかすを防ぐシステインなど)

医薬品には治すという目的があって商品開発されますが、サプリはあくまで「健康の維持・増進」の範囲内で商品開発されます。

ハイチオールCを代表例とすると、ハイチオールCはシミを治す(シミの原因となる過剰なメラニンを生成抑制、無色化、排出)。

一方で、サプリ系はシミを予防(過剰なメラニンの生成を抑制)という意味合いになります。

ハイチオールCなどの医薬系と、ネイチャーメイドのビタミンCなどのサプリ系は、違うの?
という質問に対しては、

ビタミンCの摂取という点では、成分は同じ。

シミを治すのが医薬系。
一方で、シミを予防という視点ではサプリ系。

という違いになります。

サプ子
日常のケアが目的なので、値段が安いビタミンCサプリを購入しようと思う!

合成ビタミンC、天然ビタミンCはどっちがいいのか?

管理人
天然も合成も吸収率に差はなく、品質は同じ。コスパを考えるなら合成V.C

食事から摂取したビタミンCもいわゆるサプリから摂取したビタミンCも、生体利用率に差異はないです。

そのため、食品を生成して作られる'天然ビタミンC'、グルコース(ブドウ糖)を合成して製造される`合成ビタミンC`に差は無いといえます。

簡単に合成ビタミンC、天然ビタミンCの特徴を整理しましょう。

合成ビタミンC 天然ビタミンC
由来 ブドウ糖 アセロラ、刺梨
価格 5〜10円/日 50円/日
配合量 1000mg 300〜1000mg

天然ビタミンCサプリは、合成ビタミンCサプリよりも10倍高いです。
成分量は同じであることを考慮すると、合成ビタミンCを選ぶのが合理的です。

サプ子
合成ビタミンCサプリを買うよ!!

オススメのビタミンCサプリはありますか?

管理人
いろんなビタミンCサプリをランキングしているので、参考にしてね
ビタミンCサプリは、先ほど取り上げた持続型ビタミンCは非常によくできたビタミンCサプリだと思います。

それ以外をあげるなら、下記の記事を参考にどうぞ!

サプ子
参考にしてお気に入りのVCサプリを見つけるよ

まとめ

ビタミンCで人気のビタミンCパルミテートは、お金の無駄というお話をさせて頂きました。

ビタミンCパルミテートが無駄な理由は3つありました。

  • 値段が無駄に高い
  • 食事からもビタミンCは摂取できる
  • コスパの高い、持続型サプリもあるから!

ビタミンCを購入するなら、普通のビタミンCをオススメします。

DHC ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分

DHC ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分

543円(12/19 21:50時点)
Amazonの情報を掲載しています







オススメ記事一覧

野菜ジュース_比較ランキング 1

>>>野菜ジュースの選び方は飛ばして、ランキングへ飛ぶ 栄養価の高い野菜ジュースの選び方の4つのポイントを整理 野菜ジュースの中には、野菜100%の野菜ジュースから、果汁の配合が多い飲み易さを重視した ...

サラシアサプリ_比較ランキング 2

サラシアを取り入れて、無理なく糖質制限! 「食べたいものを我慢するのが嫌だ」という人にオススメなのが、無理なく糖質制限をする事です。 食べたいものを我慢して食べるのは、メタボや糖尿病に繋がる恐れも・・ ...

-サプリの疑問に答えます。
-

Copyright© 食べるダイエット研究ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.