アイケアのサプリメント

ルテイン光対策の効果評価【DHC】

投稿日:

DHC ルテイン光対策

総合評価:★★★★★
成分:★★★★★
価格:★★★★★
商品コンセプト:★★★☆☆

DHC ルテイン光対策は「眼の黄斑色素濃度を高めてコントラスト感度を維持・改善! 光刺激から守る!」を効果として持ち機能性表示食品として販売されたアイケアサプリです。

機能性表示食品は、サプリメントを販売する会社が効果を保証する制度です。
特徴としては、サプリメントに有効成分がきちんと配合されている事が消費者にとってのメリットです。

DHC ルテイン光対策は、機能性表示食品として販売されているルテインサプリの中でも価格が安いため、オススメ度が高いサプリです。

DHCのルテイン光対策ってどんなサプリ?

ルテインは、卵黄・とうもろこし・オレンジなどに含まれる黄色の色素です。
健康食品では、マリーゴールドの花から抽出したルテインが一般的です。

ルテイン光対策にも、マリーゴールド由来のルテインを配合です。

ルテインはカロテノイドの一種で、ビタミンEやβカロテンなどと同じ抗酸化作用を持ちます。

スマホ、パソコン、テレビなどから発生する青色の光(ブルーライト)は活性酸素を発生させる要因となります。

黄斑部や水晶体に存在するルテインは、有害な光によって発生する活性酸素を除去し、目を守る働きを持っています。

ルテインの有効量は6mg以上という研究報告があり、ルテイン光対策にはルテイン16mgと高配合が特徴です。

ルテインサプリとブルーベリーサプリの違いは?

アイケアサプリといえば、ブルーベリーに含まれるアントシアニンが有名です。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、目のピント機能を調整する働きを担っています。
そのため、「眼のピント調節機能」を維持するのに役に立ちます。
いわゆる、パソコン作業を終わった後に、目が疲れたという状況に役に立ちます。

一方で、ルテインは活性酸素を除去し、目を守る働きを持っています。
目のコントラスト感度(色の濃さの判別力)をサポートします。

PC作業をしていて、文字が読みずらいというのは、コントラスト感度が下がっている可能性があります。
目の調子にルテインは役に立ちます。

まとめ

ルテイン光対策はルテイン含有量が多い割に、価格が安いのでオススメのアイケアサプリです。

PCの画面が見難いなぁと感じる人にオススメです。







-アイケアのサプリメント
-, , , ,

Copyright© サプリメント評価・比較.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.