口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

栄養補給

野菜一日これ一本 超濃縮高リコピンの効果評価【カゴメ】

投稿日:

野菜一日これ一本 超濃縮高リコピン

総合評価:★★★★☆
成分:★★★★☆
価格:★★★☆☆
商品コンセプト:★★★★☆

野菜一日これ一本 超濃縮高リコピンは、野菜一日これ一本の濃厚バージョンです。
使用している原材料は同じ野菜は同じものを使用しており1日分の野菜350gに違いはないのですが、濃縮版は高リコピンのトマトを配合しているため「リコピン」の量が約40%くらい多いです。
野菜一日これ一本 超濃縮高リコピン_比較

普通版と濃縮版の違いを見るために、原材料・栄養成分から解析をしましょう。

使用している原材料は同じで、使用している野菜量350gは同じでした。

▶︎ 原材料の比較
(野菜一日これ一本)
野菜(トマト、にんじん、メキャベツ(プチヴェール)、ケール、ピーマン、ビート、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、赤じそ、しょうが、チンゲンサイ、カリフラワー、かぼちゃ、アスパラガス、たまねぎ、クレソン、紫いも、あしたば、グリーンピース、ごぼう、とうもろこし、レタス、セロリ、はくさい、キャベツ、だいこん、紫キャベツ、パセリ、なす)、レモン果汁

(野菜一日これ一本 超濃縮高リコピン)
野菜(トマト、にんじん、はくさい、ケール、メキャベツ(プチヴェール)、赤ピーマン、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、赤じそ、しょうが、チンゲンサイ、カリフラワー、かぼちゃ、アスパラガス、たまねぎ、クレソン、ビート、紫いも、あしたば、グリーンピース、ごぼう、とうもろこし、レタス、セロリ、キャベツ、だいこん、紫キャベツ、パセリ、なす)、レモン果汁
→使用している原料は同じですが、順番が微妙に異なります。
そのため、栄養成分も少し違います。

▶︎栄養成分の比較
(野菜一日これ一本)
エネルギー:69kcal、たんぱく質:2.4g、脂質:0g、炭水化物:15.8g、 糖質:13.7g、食物繊維:2.1g、ナトリウム:0 〜220mg、食塩相当量:0 〜0.6g、 カリウム:700mg、カルシウム:27 〜66mg、鉄:0.2 〜1.8mg、マグネシウム:33mg、 ビタミンE:2.7mg、ビタミンK:11μg、葉酸:10 〜83μg、リコピン:16mg、 β-カロテン:2900 〜13000μg

(野菜一日これ一本 超濃縮高リコピン)
エネルギー:70kcal、たんぱく質:1.8g、脂質:0g、炭水化物:16.4g、糖質:14.8g、 食物繊維:1.6g、ナトリウム:72 〜130mg、食塩相当量:0.1 〜0.4g、亜鉛:0 〜0.4mg、 カリウム:650mg、カルシウム:37mg、鉄:0.1 〜1.4mg、マグネシウム:27mg、 ビタミンE:3.3mg、ビタミンK:13μg、葉酸:11 〜94μg、リコピン:22mg、 β-カロテン:4600 〜15000μg
→リコピンの量は違いますが、ほとんど同じくらいの栄養素です。
参考値としてカゴメ トマトジュースに含まれるリコピンは16.6〜29.4mgです。

普通版のリコピンは16mg、濃縮版のリコピンは22mgです。
両方ともトマトジュースくらいの配合量なので、大きな差はないと思います。

価格差を考えると、普通の野菜1日これ1本で良いかなと思います。

▶︎濃縮版:高リコピン
1本79円
▶︎普通版
1本72円

成分とコスパだけを考えるなら、通常版の野菜1日これ一本で良いかなと思います。
ただ、濃縮版の方が手軽に飲めるというメリットもあるのでどちらも優れた商品といえます。

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-栄養補給
-,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.