サプリを比較

マルチビタミンサプリを比較:おすすめのメーカーは?

更新日:

マルチビタミンサプリは、素材での差別化が難しいジャンルです。

そのため、サプリメントメーカーは

    • 価格
    • 飲みやすさ
    • 成分量の多さ

・・・・

といった様々な評価軸でマルチビタミンを差別化しています。

マルチビタミンサプリの中でも人気の高い5メーカーで比較ランキングを作成しました。
マルチビタミン_比較

▶︎調査比較の対象5メーカー
・ネイチャーメイド(大塚製薬)
・DHC
・ディアナチュラ(Asahi)
・小林製薬
・UHAグミサプリ(UHA味覚糖)

マルチビタミンサプリ比較ランキング

様々な視点から、マルチビタミンを評価します。

  • 価格部門
  • 飲みやすさ部門
  • 成分量の多さ部門

の総合評価でランキングにしました結果は、以下の通りです。

マルチビタミンサプリランキング1位:DHC マルチビタミン

DHC:マルチビタミン

総合
評価
価格 飲み
やすさ
成分量
1位 8円
/日
1粒
/日
1日分

DHCのマルチビタミンは1粒で1日分のビタミンが摂取できるのが特徴です。
マルチビタミンでは珍しい、ビタミンCのはたらきを助けるビタミンPも配合されているのが嬉しいです。

DHC_マルチビタミン_リスト

ビタミンを別々に買うより、バランス良く配合されたマルチビタミンがオススメです。
また、ソフトカプセルなので脂溶性ビタミン(VE、VD等)の吸収が良いのも他のマルチビタミンに無いメリットです。

チェックポイント

  • 1日8円で超低コスト
  • 1粒で飲みやすい
  • ソフトカプセルで脂溶性ビタミンと好相性

マルチビタミンサプリランキング2位:ディアナチュラ マルチビタミン

総合評価 価格 飲みやすさ 成分量
2位 8円
/日
1粒
/日
1日分

1日1粒で済むのは、1位のDHCマルチビタミンと同様です。
しかし、錠剤の苦味(ビタミン由来)があるので飲みにくいと感じる人もいます。

錠剤自体は小さいので、お子様でも飲める大きさです。

チェックポイント

  • 大手食品メーカー"アサヒ"
  • 1日1粒で飲みやすい
  • ビタミンP、イノシトール配合

マルチビタミンサプリランキング3位:ネイチャーメイド マルチビタミン

総合
評価
価格 飲み
やすさ
成分量
3位 11円
/日
1粒
/日
1日分

Amazonの口コミでは粒が大きくて飲みにくいという評価も多いですが、ポキっと2つにして飲めば問題無いという人が多数です。

とりあえず、成分量にこだわりたいという人にオススメです。

チェックポイント

  • 錠剤が大きいので飲みにくい
  • 成分量がダントツ
  • 錠剤が半分割る事ができる

マルチビタミンサプリランキング4位:小林製薬 マルチビタミン

総合
評価
価格 飲み
やすさ
成分量
4位 14円
/日
1粒
/日
1日分

錠剤の表面がコーティングされているので、原料由来の苦味が嫌いという人にもオススメです。
医薬品と同等レベルの厳しい製造管理基準で製造しているので、安心して継続する事ができます。

チェックポイント

  • 製薬会社の高品質
  • 1日1粒
  • 錠剤表面がコーティング

マルチビタミンサプリランキング5位:UHA味覚糖 グミサプリ

総合評価 価格 飲みやすさ 成分量
5位 32円
/日
2粒
/日
1日分

グミサプリはお菓子感覚で食べれますが、歯磨きの後は食べにくいというシーンを選ぶというデメリットがあります。
味は普通のグミと同じような、オレンジ味です。

チェックポイント

  • お菓子感覚で食べれる
  • 成分量はしっかり1日分
  • 飲むタイミングを選んでしまう

マルチビタミンサプリの比較結果

それぞれの評価結果は以下の通りです。

マルチビタミンサプリ比較:価格部門

マルチビタミンサプリは、素材で差別できないジャンルです。

なぜならビタミンはコモディティー(どこも似たり寄ったりの成分)であり、どのサプリメーカーの中身はどれも同じだからです。

最後の決め手は、値段になることが多いです。

1日分換算に変換すると、どこのサプリメーカーが最も安いかを比較しました。
価格はAmazonで販売されている価格を参考価格として採用しました。

商品名 価格 内容量 1日あたり
DHC:マルチビタミン_アイコン
DHC
480円 60日 8円
桜_優秀マーク
ディアナチュラ:マルチビタミン_アイコン
ディア
ナチュラ
498円 60日 8.3円
大塚製薬:ネイチャーメイド マルチビタミン_アイコン
ネイチャー
メイド
1091円 100日 10.9円
小林製薬:マルチビタミン_アイコン
小林
製薬
843円 60日 14.05円
UHAグミサプリ:マルチビタミン_アイコン
UHA
グミ
サプリ
950円 30日 31.7円

最も安いのはDHC!!

DHC:マルチビタミン
DHCのマルチビタミンは安くても、成分はしっかりと配合です。ビタミンの配合量としては、1日分の栄養素等表示基準値をしっかりと満たしています。
DHC_マルチビタミン

マルチビタミンサプリ比較:飲みやすさ部門

マルチビタミンを毎日続けるためには、飲みやすさは非常に大切です。
一方で、粒が大きかったりすると飲みにくくて継続するのも億劫です。

飲みやすいと感じるのをランキングにしました。

商品名 飲みやすさ 飲みやすい理由
UHAグミサプリ:マルチビタミン_アイコン
UHA
グミ
サプリ

桜_優秀マーク
グミで美味しい
ディアナチュラ:マルチビタミン_アイコン
ディア
ナチュラ
錠剤が小さめ
DHC:マルチビタミン_アイコン
DHC
軟カプセルでちょっと大きい
小林製薬:マルチビタミン_アイコン
小林
製薬
錠剤が小さめ(コーティング有)
大塚製薬:ネイチャーメイド マルチビタミン_アイコン
ネイチャー
メイド
× 錠剤が大きい

継続しやすいのはグミサプリ!

UHAグミサプリ:マルチビタミン_
UHA グミサプリは、お菓子感覚で食べれるマルチビタミンサプリです。
美味しくて、モグモグ食べてしまうので、毎日継続できます。味は完全にお菓子ですけど、1日に必要なビタミンがしっかりと配合されています。リピーターが多いため、Amazonでは人気の高いサプリです。

マルチビタミンサプリ比較:成分量の多さ部門

マルチビタミンサプリに配合されている、栄養素の量、及び ビタミンがきちんと網羅されているか?という視点で評価しました。

←←左右に動かせます→→

5位
UHAグミサプリ:マルチビタミン_アイコン
4位
小林製薬:マルチビタミン_アイコン
3位
ディアナチュラ:マルチビタミン_アイコン
2位
DHC:マルチビタミン_アイコン
1位
大塚製薬:ネイチャーメイド マルチビタミン_アイコン
VA 450 135
~600
450 495 600 μg
VD 5 1.5
~5
5 5 5 μg
VE 8 12 8 10 26.8 mg
VB1 1 1 3 2.2 1.5 mg
VB2 1.1 1.1 3.3 2.4 1.7 mg
ナイ
アシン
11 11 11 15 15 mg
VB6 1 1 3 3.2 2 mg
葉酸 200 200 200 200 200 μg
VB12 2 2 6 6 3 μg
ビオ
チン
45 45 45 45 30 μg
VC 80 120 80 100 300 mg
パント
テン酸
- 5.5 5.5 9.2 6 mg
VP - - 10 20 - mg
イノシ
トール
- 22 20 - - mg

成分量はネイチャーメイド!

大塚製薬:ネイチャーメイド マルチビタミン
成分量的にオススメできるのは、ネイチャーメイドです。
成分量が多いので、値段が高い+錠剤が大きくて飲みにくいは納得がいきますね。マルチビタミンの定番商品です。

まとめ

初めてマルチビタミンを購入するなら、DHCで間違いありません。
成分量もしっかりしており、値段も安くてお手軽に始めることができます。

総合 価格 飲み
やすさ
成分
DHC:マルチビタミン_アイコン
DHC
12.5

1位_金
5点
桜_優秀マーク
3.5点 4点
ディアナチュラ:マルチビタミン_アイコン
ディア
ナチュラ
10.5

2位_銀
4点 3.5点 3点
大塚製薬:ネイチャーメイド マルチビタミン_アイコン
ネイチャー
メイド
9

3位_銅
3点 1点 5点
桜_優秀マーク
小林製薬:マルチビタミン_アイコン
小林製薬
8
2点 4点 2点
UHAグミサプリ:マルチビタミン_アイコン
UHA
グミ
サプリ
7
1点 5点
桜_優秀マーク
1点

総合的にオススメはDHC

DHC:マルチビタミン
DHCのマルチビタミンは安いだけでなく、成分はしっかりと配合です。一番コスパの良いマルチビタミンを選ぶなら、DHCにたどり着きます。

マルチビタミンを飲む必要な理由は?

ビタミンは体で作ることが出来ない栄養素です。
そのため、普段は食事から摂取していますが、バランスの良い食事を心がけないと不足する栄養素が出て行きます。

ビタミンは2種類に分けられます。

  • 水に溶ける水溶性ビタミン9種(B群、VC)
  • 油脂に溶ける脂溶性ビタミン4種(A、D、E、K)

の2種類があります。

代表的なビタミンの機能を解説すると、

  • VCは美容・抗ストレス
  • VB群は代謝と関わるのでダイエット成分
  • VAはアイケア
  • VEは抗酸化作用によるアンチエイジング成分

として人気のある成分です。

ビタミン剤は個別で購入するよりも、トータルで配合されているマルチビタミンを購入をオススメします。

個別で購入すると値段が高くなるので、マルチビタミンの形態が良いのです。

マルチビタミンとマルチミネラルと、マルチビタミンミネラルの違い

マルチビタミンとマルチミネラルの2種類を購入するのと、マルチビタミンミネラルを1種類だったらどちらを購入しますか?

多くの人はマルチビタミンミネラルの1種類を購入すると思います。

しかし、当サイトではマルチビタミン、マルチミネラルの2種類のサプリをオススメしています。

なぜなら、ビタミンとミネラルが一緒の状態だと、抗酸化作用を持つビタミン(VC等)が鉄などと反応し、分解するからです。

そのため、ビタミンとミネラルは別々の状態が良いです。

製造直後の製品は減衰し無いかもしれませんが、時間が立つに連れてビタミンは壊れていきます。

マルチビタミンにビタミンKが配合されることが少ない理由

マルチビタミンには、VKが配合されることがほとんどありません。
理由の1つに、ワルファリンはビタミンKと相互作用を起こすことが挙げられます。

もちろん、ビタミンKも配合して、正真正銘のマルチビタミンサプリも売られています。

中でもオススメは、ハウス食品が販売するPERFECT VITAMINです。

>>PERFECT VITAMIN「1日分のビタミン」を詳しく見る<<

ビタミンは天然が良い?合成が良い?

ビタミンは天然が良い?合成が良い?という論争はつきませんが、本質は同じなのでどちらでも良いです。
それぞれのメリット・デメリットをあげると以下の通り。

【合成ビタミン】
合成ビタミンのメリット:価格が安い。
合成ビタミンのデメリット:特にない

【天然ビタミン】
天然ビタミンのメリット:吸収率が高いものもある。
天然ビタミンのデメリット:価格が高い。天産物由来だと農薬などの化学物資の濃縮リスクも一般的には存在する

当サイトでは、合成品が価格メリットが大きいのでオススメします。

マルチビタミンそれぞれの機能

マルチビタミンに配合される栄養素の機能を見てみましょう。

  • ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。
  • ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
  • ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
  • ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
  • ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
  • ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
  • ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
  • ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
  • 葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素です。







-サプリを比較
-, , , , , ,

Copyright© サプリメント評価・比較.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.