難消化性デキストリンサプリ評価・比較

ベジリセットの効果評価:難デキ配合の野菜ジュース

更新日:

総合評価:★★★☆☆
成分:★★★★★
価格:★★★☆☆
商品コンセプト:★★☆☆☆

食事に含まれる脂肪や糖の吸収を抑える難消化性デキストリンを配合した野菜ジュース。
食事と一緒に飲めるように、甘めで飲みやすいのが印象的。
男性が1食に必要な野菜量を補えるように、1本で120g分の野菜を使用しています。

難消化性デキストリンを含む飲料は、脂肪・糖分0のカロリー0が定番ですが、ベジリセットは野菜ジュースなので糖質が10g程度入っています。
ベジリセットで食事の糖質・脂肪をカットするつもりで飲んでも、結果的に糖質の摂取量が増えてます。
ベジリセットは野菜量も中途半端な上、糖質の摂取量が結果的に増える事から商品コンセプトは微妙と考えています。

VegeReset(ベジリセット)ってどんな野菜ジュース?

VegeReset(ベジリセット)は、難消化性デキストリンを配合した野菜ジュース。
味は2種類販売されており、「オレンジ&トマト」「アップル&キャロット」です。
野菜だけでなく、果実も配合されているためフルーツジュースのように飲みやすいのが特徴。
ベジリセット

KAGOME 野菜1日これ一本と比較!

カゴメ 野菜一日これ一本_ベジリセット?比較
野菜ジュースの中でも人気のある、KAGOME 野菜1日これ一本と比較と比較しましょう。

スペックを比較すると、以下のようになります。
野菜の種類は市販の野菜ジュースと同等ですが、量が少ないため野菜不足解消という点では少し心許ないですね。

VegeReset(ベジリセット)は野菜量が少ないにも関わらず、市販の野菜ジュースと同等量の糖質が含まれています。
それは、VegeReset(ベジリセット)には果実が多く含まれるため、甘くて飲みやすいです。

ベジリセット 野菜1日これ一本
200ml 200ml
糖質 12.6g 13.7g
野菜量 120g 350g
機能性成分 難消化性デキストリン -
野菜数 26 30

ベジリセットの成分評価:★★★★★

難消化性デキストリンを有効量の5g配合しているので、成分量は問題ありません。

難消化性デキストリンの効果とは?

難消化性デキストリンとは、トウモロコシから作られる水溶性食物繊維です。

特保のコーラやお茶などに配合される定番の成分です。
賢者の食卓 ダブルサポート_難消化性デキストリン_商品群
難消化性デキストリンの効果は3つあります。

効果1:お腹の調子を整える

効果2:食事に含まれる糖分の吸収をおさえる

効果3:食事に含まれる脂肪の吸収をおさえる

の3つの効果です。
注意点は糖分と脂肪の吸収は食事と一緒に飲まないと効果を発揮しないことです。
ベジリセットには糖質が10g程度配合されているので、食事と一緒に飲んでもトータルでは糖質の取りすぎに繋がります。

特保のコーラは糖分は含みません。
難消化性デキストリン_コカコーラプラス

まとめ

ベジリセットは、水溶性食物繊維が配合されているので野菜ジュースの中では食物繊維の配合量が多いです。
しかし、健康食品として見た場合、難消化性デキストリンが有効量という点は評価できますが、野菜量が少ない+糖質の配合量が多いので微妙なところ。







-難消化性デキストリンサプリ評価・比較
-, , ,

Copyright© サプリメント評価・比較.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.