口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

美容

飲む肌ケアの効果評価【資生堂】

投稿日:

総合評価:★★★★★
成分:★★★★★
価格★★★★★
商品コンセプト:★★★★★

飲む肌ケアは、全身を乾燥から守るセラミドを有効成分とするサプリメント。
セラミドだけでなく、体の代謝に役立つビタミン・ミネラル+健康に役立つ黒酢・ローヤルゼリーを含みます。
飲む肌ケア_成分
飲む肌ケアのイメージとして、「こじまる」が起用されています。


価格もお手頃感があり、成分も申し分ないのでオススメ度MAXのサプリメントです。

飲む肌ケアってどんなサプリメント?

飲む肌ケアは、体の内側から肌のケアができるサプリメント。
有効成分としてセラミドを含みます。
セラミドは普段食べる食事にも含まれており、米、大豆、こんにゃく芋、牛乳などに多く含まれます。
特にこんにゃく芋には米や小麦より7~16倍多いセラミドが含まれると言われており、資生堂の肌ケアも蒟蒻から抽出したセラミドを使用しています。

▶︎セラミドが必要な理由
セラミドは、皮膚の最も外側である表皮の角質層に多く含まれ、細菌・紫外線・乾燥から肌を守る働きがあります。
角質層は、角質細胞が何層にも重なり、その細胞間をセラミド等の細胞間脂質が埋めてバリア機能を保っています。
d1571143セラミドがある層の下に、ヒアルロン酸やコラーゲンが存在する層があり、この部分を守るようにセラミドが存在します。
美容のためにヒアルロン酸やコラーゲンを飲んでいるから大丈夫と考える人もいますが、セラミドとは役割が異なります。

ヒアルロン酸を飲んでも肌のカサつきが変わらないという人は、セラミドが不足している可能性もあります。
加齢や環境の変化等でセラミドが不足すると、肌荒れやカサつき、シミやしわ等の肌トラブルの原因となります。
(引用元:オススメのセラミドサプリの選び方【グルコシルセラミド】

セラミドVSヒアルロン酸

セラミドとヒアルロン酸は、共に肌の潤いに役に立つ成分です。
セラミドは肌の一番上である表皮に存在し、肌にフタをして水分が逃げるのを防ぎます。
一方で、ヒアルロン酸が水分を蓄えて潤いを保つ効果に加えて、細胞のすき間を埋めることで潤いを逃さないようにします。
どちらも、存在する場所が違うだけで同じように肌の潤いに役立っています。

両方ともメカニズムが異なるのでどちらかが優れるものではないですが、ヒアルロン酸は顔の潤いのみですが、セラミドは全身の潤いが確認されています。
そのため、セラミドの方がオススメ度は高いです。
より詳細はセラミドとヒアルロン酸の違いを比較:乾燥肌に効果的なのは?をどうぞ

飲む肌ケアの機能性成分解析

配合されている成分について詳しく調査しました。

蒟蒻由来グルコシルセラミドの効果

%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%81%8f%e8%8a%8b
こんにゃく由来セラミドを摂取することで、肌のセラミド量が増えることにより乾燥肌対策になると考えられます。
3ヶ月続けることで実感できるようです。

蒟蒻由来グルコシルセラミドの肌のバリア機能への効果を解明にするために、顔や体の乾燥が気になる成人男女を対象に、蒟蒻由来グルコシルセラミド1800μg(市販の蒟蒻板9枚分に相当)を摂取するグループと摂取しないグループに分けて肌への影響を測定しました。
3カ月間毎日摂取したグループでは、全身(頬・背中・ひじ・足の甲)の肌の水分蒸散量が著しく減少していました(図3)。

また、被験者自身に肌の自覚症状を尋ねるアンケートでは、「肌のすべすべ感」「洗顔後のツッパリ感」の項目が継続摂取により改善する傾向にあり、肌への実効感も高まっていることがわかりました。
引用元:蒟蒻由来グルコシルセラミドによる肌バリア機能改善効果

ビタミン・ミネラル

ビタミンは水溶性ビタミンを中心に体の代謝に関わるものがピックアップされている印象です。
1日に必要量と比較すると、ミネラルは微量ですがビタミンは良い感じです。

配合量 1日量
ビタミンB1 0.5mg 1.2mg
ビタミンB2 0.5mg 1.4mg
ビタミンB6 0.5mg 1.3mg
葉酸 200µg 240μg
ビタミンC 100mg 100mg
ビタミンD 不明 5.5μg
パントテン酸 不明 4.8mg
カルシウム 40mg 680mg
マグネシウム 40mg 320mg

玄米黒酢・ローヤルゼリー・コラーゲン・ヒアルロン酸

飲む肌ケアには、玄米黒酢・ローヤルゼリー・コラーゲン・ヒアルロン酸の美容に役立つ素材が配合されています。
ヒアルロン酸は微量で効果を発揮しますが、「玄米黒酢・ローヤルゼリー・コラーゲン」はある程度配合されていないと効果を発揮しません。
上記4成分は配合量は微量と推測します。
理由としては本商品が機能性表示食品として、科学的な根拠を元に設計されている点があります。
有効量入っている可能性のあるヒアルロン酸は、セラミドと効果が似ているため多く入れることができません。
ヒアルロン酸を多く入れた場合、本サプリの効果がセラミドによるものか、ヒアルロン酸によるものかわからなくなるからです。

まとめ

飲む肌ケアは、成分よし・値段よし・コンセプトよしの非常に良いサプリ。
粒も小さく、1日3粒で良いので継続しやすいです。

コラーゲンドリンクを買うくらいなら、本サプリがオススメです。

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-美容
-, ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.