口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

栄養補給

難消化性デキストリン入りトクホ飲料は、食事と一緒じゃないと効果がない

更新日:

難消化性デキストリン入りトクホ飲料は、食事と一緒じゃないと効果がない

健康を意識して、トクホ飲料を飲む人多いです。
しかし、実際の有効成分がどのようなメカニズムで働くまでは知らない人は多いのではないでしょうか?

ヘルシアなどのカテキン系はいつでも飲んでも効果があると考えていいのですが。難消化性デキストリンはそのメカニズムから食事と一緒じゃないと効果がありません。

難消化性デキストリンとは?

難消化性デキストリンとは、トウモロコシから作られる 水溶性食物繊維です。
食物繊維は体に良い効果はたくさん知られているため、健康食品にもよく利用されます。

特に 値段が安価、加工のしやすさ、少し甘みがある点からトクホコーラのペット飲料などに使用されることが多いですね。

そんな難消化性デキストリンは、トクホコーラキリン メッツ プラス レモンスカッシュ(機能性表示食品) で大活躍。
効果は、「食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる」「食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」ことが確認されてします。
これらの効果は得るには、食事と一緒に難消化性デキストリン入り飲料を飲まないといけません。
食前に飲んだや食後時間がたった時に飲んだ場合、まったく効果は期待できません。

難消化性デキストリンが体内でどんな感じで仕事をするか見てみましょう。

難消化性デキストリンの効果

graph_010
(参考:大塚製薬:消化しにくいデキストリンって何?
トクホコーラと普通のコーラを並べるとわかるのですが、難消化性デキストリンが入っていると、水に溶けた状態だと粘度があります。

体内の腸に入った際、難デキ入り飲料はゼリーみたいな(実際はここまでねばねばしないがイメージのため)感じになります。
腸では水分と一緒に、糖・脂肪を体に吸収しますが ゼリーみたいなので 効率よく吸収はできません。
すると、糖分や脂肪の吸収に時間がかかることを意味し、ゆるやかに体内に吸収されます
このメカニズムが、「食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる」「食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」ということなんです。

食事と一緒に取らないと、意味がないことがはっきりわかりますね。
「脂肪の吸収」というキーワードに目がいってしまいますが、「食事から摂取した」という仮定があるんです!

原料メーカーの臨床試験をみてみよう

スクリーンショット 2015-09-23 21.34.25
(引用元:松谷化学
健常成人男女40名に対して、難消化性デキストリン5g含む茶飲料を食事(うどんと米飯) と共に摂取し、食後の血糖値を測定した結果です。

5gは、トクホコーラなどと同じ量ですね。
血糖値が上昇しにくい人にも効果があることが確認できます。

この試験で大切なのは、「食事(うどんと米飯) と共に摂取」という点です。
食事の前にとっても効果は期待しにくいでしょう。

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-栄養補給
-,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.