スムージー

エンナチュラルグリーンスムージーの効果評価【メタボリック】

更新日:

%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%bc_%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af

総合評価:★★★☆☆
成分:★★★☆☆
価格:★★★☆☆
商品コンセプト:★★★☆☆

グリーンスムージーというジャンルの中で評価する場合、最も評価が高いスムージーです。
しかし、グリーンスムージーという商材が微妙なので、評価は低いです(総合評価:★★★☆☆)

エンナチュラル グリーンスムージーってどんなスムージ?

エンナチュラル グリーンスムージーは、粉末スムージーの中でも1杯あたりの重量が多いです。
グリーンスムージーNo.1のナチュラルヘルススタンダードは1杯6gなのに対して、エンナチュラル グリーンスムージーは17gと約3倍です。
%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99
重量が多いということは、その分機能性成分がたくさん配合されているとも言えます。

エンナチュラル グリーンスムージーは、粉末スムージーの中でも食物繊維の配合量も多いのが特長です。
食物繊維としては、水溶性食物繊維(アカシア、グルコマンナン由来)と不溶性食物繊維(リンゴ由来)を配合です。
配合量的には8.3gと、1日に必要量の約50%程度を補えます。
おまけに、乳酸菌も配合しているので乳酸菌飲料にも負けない、するっとサポート成分といえます。

もちろん、グリーンスムージーに配合されることの多い酵素原料も配合しており、酵素の特長は野草・和漢植物100種類以上を使用している点です。
しかし、こういった酵素原料は超微量配合であるので意味はないです。
グリーンスムージーに野菜がいっぱい含まれているように見せるために配合している素材と言えます。

つぎに、気になる野菜の量ですが、推定するには着色料の有無を見る必要があります。
着色料を使用しているグリーンスムージーは、野菜が少ないのを誤魔化すために緑の着色料を使うことが多いです。
本商品は、合成着色料は不使用であるものの、色味をつける素材としてクロレラ加工末が使用されています。
そのため、少ない野菜量を誤魔化している疑惑はあります。

風味はリンゴ味で、人工甘味料にありがちな強い甘味はなく美味しいです。
天然系甘味料であるステビアを使用しているのも特長的ですね。

ナチュラルヘルススタンダードのグリーンスムージーと比較

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%ab-%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%bc_%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9
ナチュラルヘルススタンダードのグリーンスムージーと比較することで、エンナチュラル グリーンスムージーの特長を洗い出します。
まずは、配合成分の特長を比較しましょう。

両方に含まれる成分は、非常によく似ています。
しかし、エンナチュラルの方が食物繊維量が多く、乳酸菌も入っていることからスッキリ力は確実に上です。

エンナチュラル ナチュラルヘルススタンダード
食物繊維 8.3g 推定値3g
マルチビタミン 配合量不明 配合量不明
カルシウム - 41.83mg
マグネシウム - 2.90mg
植物発酵エキス末 200mg 配合量不明(超微量)
乳酸菌 20億個 未配合
酵素原料数 約100 約200

また、満腹力という点でもエンナチュラルのグリーンスムージーが上です。
ナチュラルヘルシースタンダードのスムージーは水っぽくシャバシャバしているのですが、エンナチュラルのグリーンスムージーは水に溶かした後3分くらい放置すると非常に粘度が高くなり満腹力が半端ないです。
水に膨れる作用を持つグルコマンナンに加えて、グァーガムというドロドロ成分を含むことからオススメ度が高い商品です。

最後に野菜数ですが、ナチュラルヘルシースタンダードの方が配合数が上です。
しかし、酵素数は評価外とします。
というのも、酵素数が多いといっぱい栄養素が入っているように見えますが、それぞれ個別に見た場合数十μg程度の量といえます。
そのため、量が少なすぎて食べていないのと一緒といえるので、評価する意味がありません。

機能性成分を評価

エンナチュラルグリーンスムージーに含まれる、成分について詳しく掘り下げましょう。

乳酸菌の効果

%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c
乳酸菌は配合されていれば良いというわけでなく、菌の種類や量が大切です。
エンナチュラルには、フェカリス菌を20億個配合です。
写真を見る限り、ヒト腸管より分離したEC-12という原料が使用されています。
EC-12は、殺菌された死菌ですが、菌に含まれる代謝物が整腸作用があると考えられています。

配合量20億という数は少ないです。
例えば、トクホとして販売されているヤクルトにはシロタ株が400億個/本であることから判断しています。

酵素の効果

雑誌には「酵素を摂取することで、体質が改善する。」「酵素が不足すると、ダイエットが失敗する。」と書いていますが、そういった効果はありません。
健康食品ではもっぱら、健康に良いと言われている酵素がたくさん入っているように見せかける素材として使用されています。

酵素が健康に良いと信じるなら、しっかり酵素の入っている胃腸薬を飲んだほうが効果がずっとあります。

情報元:酵素サプリメントの効果・効能

まとめ

グリーンスムージーの中では栄養成分が多くオススメです。
しかし、グリーンスムージーという商材がダマシが多いため、オススメ度が低いです。

代替食としてグリーンスムージーを使用する人も多いですが、プロテインやプロテインシェイクをオススメします。
というのも、グリーンスムージーはカロリーを減らすのに役に立ちますが、糖質がベースであり1食に必要な栄養素がきちんと取れるわけではありません。
当サイトでオススメの代替食は、DHCのプロテインダイエットです。







-スムージー
-, ,

Copyright© サプリメント評価・比較.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.