花粉症

邪払(じゃばら)のど飴の効果評価【UHA味覚糖】

投稿日:

%e9%82%aa%e6%89%95%e3%81%ae%e3%81%a8%e3%82%99%e9%a3%b4

総合評価:★★★☆☆
成分:★★★☆☆
価格:★★★☆☆
商品コンセプト:★★★☆☆

邪払(じゃばら)のど飴に含まれる、じゃばらはみかんの仲間の柑橘類です。
じゃばらに含まれる、「ナリルチン」が花粉症などⅠ型アレルギーに対する抑制効果があることが研究で判明しています。

ナリルチンという成分は、じゃばらの果肉や果汁よりも果皮の方が20倍近く多く含まれます。
UHA味覚糖から発売されている、邪払(じゃばら)のど飴にも「じゃばら粉末」が含まれることから果皮を配合しているようです。

じゃばらをただ単に摂取してもムズムズ感の対策ができるわけでなく、配合量が大切です。
花粉症抑制の効果は、ナリルチン含有量11mg以上で確認されています。
(情報元:じゃばらの効果・効能:花粉症を緩和
邪払(じゃばら)のど飴には、1袋(72gあたり)ナリルチン 11.9mg配合です。
一応、十分量を配合しているものの、たくさん食べないといけないのが大変ですね。
そのため、成分は3星(★★★☆☆)の評価です。

商品コンセプトで評価ポイントは、食物繊維を高配合している点です。
飴の主成分といえば、砂糖ですが食物繊維(ポリデキストロース)を半分くらい配合です。
糖質を50%カットしている上、食物繊維は2kcal/gと砂糖の半分のカロリーであるため 気軽に摂取しやすいといえます。

飴を全部食べたら、食物繊維を35.2gも摂取です。
1日に必要量が18gであることを考えると、十分量摂取と評価できます。

まとめ

じゃばら=苦そうというイメージがあるかもしれませんが、苦味は全くなく甘さがすっきりとしたグレープフルーツのような風味です。
花粉症の季節にぴったりなのど飴といえます。







-花粉症
-, ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.