口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

青汁

青汁のめぐりの効果評価【ヤクルト】

更新日:

%e9%9d%92%e6%b1%81%e3%81%ae%e3%82%81%e3%81%8f%e3%82%99%e3%82%8a

総合評価:★★★☆☆
成分:★★★☆☆
価格:★★★☆☆
商品コンセプト:★★★☆☆

青汁を飲まないと感じるのは、「野菜不足が気になるな」「お通じの調子がよくないな」となんとなく感じる時ではないでしょうか?
青汁のめぐりは「野菜不足が気になるな」という人には微妙な商品ですが、「お通じの調子がよくないな」という人には良い商品です。

青汁のめぐみは大麦若葉エキスを使用した青汁で、青汁の中ではマイナーな部類です。
そのため、主流の大麦若葉粉末を使用した青汁と比較して良い点を評価します。

青汁のめぐりってどんな青汁?

青汁のめぐりは、大麦若葉エキス末(デキストリン、大麦若葉エキス)にガラクトオリゴ糖・水溶性食物繊維・デキストリンを配合した青汁です。
原材料の順番は配合量の多い順番に記載するという食品表示法に準じると、大麦若葉エキス末には大麦若葉エキスよりもデキストリンが多く配合されています。
また、大麦若葉エキスに含まれるデキストリン以外にも、デキストリンを添加しているため 市販の青汁と比較してもデキストリンという安価な混ぜ物の配合量が多いです。
デキストリンとは、トウモロコシやジャガイモから作られる糖質で、特に機能性はありません。
%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%8e%9f%e6%96%99
一方で、注目の成分はガラクトオリゴ糖です。
トクホでもガラクトオリゴ糖でも有効性が認められており、腸内のビフィズス菌の餌になり、ビフィズス菌を増殖させることで整腸作用があると考えられています。
有効量はガラクトオリゴ糖として2gであり、臨床試験では2週間の継続にて効果が見られています。
青汁のめぐりには、2袋(15g)当たり2.5gです。
1袋ではなく、2袋を継続して摂取しましょう。

次に注目の成分は水溶性食物繊維です。
野菜には不溶性食物繊維が多く、海藻などに水溶性食物繊維が多く含まれます。
そのため、日常的に不足しやすいのは水溶性食物繊維ですので、気軽に取れるのは嬉しいポイント。
青汁のめぐりには、2袋(15g)当たり3.1g配合です。
1日の必要量が18gであることを考えると、必要量の33%補給できます。

大麦若葉粉末 VS 大麦若葉エキス

大麦若葉粉末と大麦若葉エキスを比較すると、栄養素が少ないのは大麦若葉エキスです。
理由は単純で、大麦若葉エキスにはデキストリンという混ぜ物をするからです。
混ぜ物をする理由は、大麦若葉エキスの製法に由来します。
大麦若葉の葉を低温圧縮した後、液体をデキストリンと一緒にスプレードライという乾燥法でエキス末にします。

一方で、粉末なら乾燥した後に微粉砕にするだけなので、大麦若葉を丸ごと摂取できます。
大麦若葉の粉末は、研究データも多くオススメです。

▶︎研究データ
61名の健常成人に対して大麦若葉(1.5g,4,5g,6g)または対照食品を2週間摂取させた試験において、4.5g摂取では排便回数と糞便目安量が前観察期間よりも有意に増加し、6.0g摂取により前観察期間および対照食品摂取期間よりも有意に増加したとの報告がある。
(情報元:大麦若葉の効果解析:整腸と野菜不足

上記結果から、大麦若葉エキスはオススメしにくいです。

まとめ

大麦若葉エキスを使用した青汁は基本的にオススメしないのですが、青汁のめぐりにはガラクトオリゴ糖が配合されているのでオススメ度は普通です。
エキスタイプの良い点は、水に溶けやすい点があげられるのでヨーグルトや牛乳など様々な料理にアレンジしやすいと思います。

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-青汁
-, , ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.