口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

商品カテゴリー別 選び方

野菜不足サプリのオススメの選び方

更新日:

肉や魚はたくさん食べるけど、野菜は不足しがちです。
特に一人暮らしだとなかなか栄養バランスのよい食事を摂ることは難しいでしょう。

疲れて自宅でしっかりとした料理を作るのは難しいからです。
そんな時に頼れる野菜不足サプリを調査しました。

野菜不足サプリって何?

1日に摂取したい野菜の目標量は350gと言われています。
そのうち、日本人が普段の食生活では足りないと言われている野菜量が70g程度であると言われています。

野菜70gというのは、野菜でいうと下記の量が目安になります。
%e9%87%8e%e8%8f%9c70g_%e7%9b%ae%e5%ae%89
サラダに換算するとちょっとした量かもしれませんが、この量を取るのが難しいのです。

そんな悩みを解消してくれるのが野菜不足系のサプリです。
特に、野菜粒・青汁粒というジャンルの商品が役に立ちます。
%e9%87%8e%e8%8f%9c%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%aa_%e7%b2%92_%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99
野菜を粉末化したものを錠剤にしています。
そのため、野菜が嫌いな人でも味を気にせずに手軽に野菜を摂取することができます。
また、含まれる野菜の量は不足分を補えるように設計されていることが多いです。

野菜粒だと1粒でたくさんの野菜が摂れる理由

野菜粒の大きさはとっても小さいにも関わらず、たくさんの野菜をとることができます。
その秘密は2つあります。

▶︎野菜不足サプリの秘密1:色んな種類の野菜が配合されている。
例えば、小林製薬の『野菜と酵素』
という商品を見てみましょう。
この商品には、17種類の野菜と7種類の穀物を配合しています。
家庭でサラダを作ったとしても、せいぜい7種類くらいしか野菜をとることができません。
しかし、野菜粒なら色んな種類の野菜を摂取できます。

▶︎野菜不足サプリの秘密2:乾燥した野菜を使用している。
あまり知られていないのですが、野菜の成分のほとんどは水分です。
例えば、レタスは95%が水分ですし、トマトも94%が水分、人参は90%が水分です。
野菜は栄養の塊と思いきや、水分の塊です。

そのため、乾燥させた野菜を少しとるだけで、生野菜に換算するとすごい量の野菜を食べていた・・・・ということになります。

野菜不足サプリで比較:野菜粒VS青汁粒

野菜不足サプリといえば、野菜粒青汁粒の2種類があります。

野菜粒というのは、様々な野菜を配合したサプリです。
一方、青汁粒というのは、不味くて飲みにくい青汁を錠剤にすることで味を気にせず、栄養が取れるという商品コンセプトの商品です。
成分的には青汁の原料である大麦若葉を配合したサプリです。

青汁粒では野菜が1〜2種類しか摂取できないのに対して、野菜粒は数十種類の野菜が同時に取れます。
そのため、青汁粒よりも野菜粒がオススメです。

オススメの野菜不足サプリの選び方

野菜の値上げの影響で中々食べれなかったり、たくさんの種類の野菜を食べようとするとお金がかかる・・・。そんな悩みを解消してくれるのが野菜不足サプリです。

一般的な野菜不足サプリに含まれる野菜量は生野菜換算で15〜60gで1日必要量350gと決して多くはありませんが、1日に不足する野菜量を補うにはちょうど良いサプリです。

選び方1:野菜の配合率が多い商品を選ぼう!

野菜不足サプリの選び方で一番大切なのは、野菜の配合量は多いことです。
100%野菜で作られた野菜粒もあれば、野菜以外の原料として錠剤の形を作るため原料を配合したサプリもあります。

出来るだけ、効率良く野菜を摂取するためにも野菜の配合率が多いものを選びましょう。
また、配合量が多いものを選ぶためにも、栄養成分などに野菜量がわかるサプリが良いですね。

▶︎錠剤の形を作るため原料とは?
タブレット(錠剤)のサプリメントの原材料をみてみましょう。
麦芽糖、還元パラチノース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化珪素、ステアリン酸カルシウムなどの原料が書いていませんか?
それらは、錠剤の形を作るための原料です。

選び方2:1粒あたりの価格を意識しよう

サプリメントのコスパを意識する場合、1日あたりの価格がいくらか?という視点が大切です。
野菜不足サプリの価格帯を調べると、1日15円〜100円までの価格があります。

サプリの価格が高いから、良いサプリメントというわけではありません。
サプリメントの価格は、販路(通販・ドラッグストアーで売る等)に大きく依存するからです。
それは、広告費にどれくらいお金をかけるか?というのでサプリの価格は決まるからであり、サプリの中身と価格は実はあんまり関係なかったりします。
そのため、1粒あたりの価格が安い商品の中でも、広告費を使っていない 商品を選びましょう。

中でもオススメは、ファンケルのファンケルという商品です。

価格は1日約16円と安いにも関わらず、野菜100%の商品です。

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-商品カテゴリー別, 選び方
-, ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.