口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

アミノ酸 プロテイン

アミノプロテインの効果評価【アミノバイタルと比較】

更新日:

総合評価:★★★★★
成分:★★★★★
価格:★★★★☆
商品コンセプト:★★★★★

アミノプロテインは、味の素から発売されているそのまま飲むタイプのプロテインです。
そのまま飲むプロテインは、水に溶かさず、少量を、スピーディーにどこでも飲めるのが特長です。

アミノプロテインは、大手アミノ酸メーカー味の素から発売されているため、信頼度は高いと考えます。
%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3
一方で、気になるのが本当にプロテインの代わりになるのか?という点です。
1袋(4.4g)なので量は少量ですし、たんぱく質量的には足りない気もします。
従来の水に溶かして飲むプロテインや、アミノ酸サプリのアミノバイタルと比較することで、そのまま飲むアミノプロテインの良さを評価したいと思います。

アミノプロテインってプロテインの代わりになるの?

アミノプロテインは、アミノバイタルのブランドで発売されている持ち運びタイプのプロテイン。
成分の特長はアミノ酸が主成分である点です。

アミノ酸はたんぱく質よりも吸収率が高いので、早く体に吸収されるという特長があります。
%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3_%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%af%94%e8%bc%83
商品のコンセプトはスティック1本はたった4.4gにも関わらず、プロテイン1杯(20g)と同様の効果が期待できる!です。
プロテインと同等というのは、運動部員を対象にした試験にて確認しているようです。

▶︎モニター試験
某大学ラグビー部 部員54名を対象に1日2回ウェイトトレーニングを2か月間継続実施した後に、体重、除脂肪体重を測定(「アミノバイタル®アミノプロテイン」を毎日摂取)することで、体重、除脂肪体重の増加が確認されています。
%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3_%e3%82%a8%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%b9
引用元:アミノプロテイン:公式サイト

水に溶かして飲む従来のプロテインとそのまま飲むプロテインを比較することで、アミノプロテインの良い点を評価しましょう。

アミノプロテインVS市販の水に溶かすプロテインを比較

市販のプロテインの水に溶かすプロテインと比較することで、アミノプロテインの良い点・悪い点を評価します。
%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3_%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%af%94%e8%bc%83

①栄養素という面から評価

%e6%a0%84%e9%a4%8a%e7%b4%a0
配合されているタンパク質の量に注目しましょう。
そのまま飲むタイプのアミノプロテインはたんぱく質は4.0gに対して、市販のプロテイン20gにはたんぱく質が15g程度配合されています。
たんぱく質の量自体はアミノプロテインは非常に少ないです。
しかし、アミノプロテインには筋肉の合成を促すアミノ酸ロイシンを中心にBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)、リジン、スレオニンといった必須アミノ酸がたんぱく質中の80%を含みます。
アミノ酸は分解が不要なので、そのまま吸収されるためたんぱく質と比較すると早く体に吸収されます。

栄養素という点から見ると、市販の水に溶かすタイプのプロテインは体作りをしっかり考えるアスリートにオススメです。たんぱく質の量が多いので、筋肉を増やす役に立つでしょう。
一方で、アミノプロテインは体力維持・基礎体力をつけるという人にオススメです。
個人的な感想にはなりますが、運動前にさっとアミノプロテインを飲むと翌日に筋肉痛が感じにくいです。

水に溶かすプロテインを運動前に飲むとお腹が溜まるので、すぐに運動すると気持ち悪くなります。
一方で、アミノプロテインなら胃に溜まらないので、すぐに運動できます。

市販の水に溶かすプロテインの方が優れている点は、栄養素の多さになります。
たんぱく質の量が多いという以外にも体づくりに必要なビタミン類が配合されています。
そのため、体づくりを考えるなら栄養素が詰まっているプロテインが良いですね。

そうなると、アミノプロテインの使い方としては、吸収率の速さに注目して運動後の筋肉疲労の回復に使ったり、運動前に飲んで筋肉の分解を防ぐといった使い方になると思います。
また、女性がプロテインをがっつり飲みたくないというニーズにも良いですね。
プロテイン特有の独特の味がないため、気軽に飲むことができます。

②使用感という面から評価

%e9%a3%b2%e3%82%80_%e6%b0%b4
水に溶かすタイプのプロテインを外出先で飲もうと思うと、シャイカーにプロテインの粉を入れた状態で持ち歩かないといけません。
また、飲むためには牛乳・水などを買って、シャイカーをシャカシャカしないといけないことを考えると、結構手間です。

一方で、アミノプロテインはスティック個包装なので持ち歩きは簡単ですし、どこでも手軽に飲めます。

食事の代わりにプロテインを摂取する人を除いた場合、アミノプロテインの方が使用感は高いと考えます。

③価格という面から評価

アミノプロテインのデメリットは値段が高い点です。

アミノプロテインは30本入りで5000円くらいです。
一方で、水に溶かすタイプのプロテインは100回分で6000円くらいです。

アミノプロテインをAmazonで買うと3000円くらいと安いのでオススメですが、それでもプロテインの方が安いです。

アミノ酸サプリという視点でアミノプロテインVSアミノバイタルを比較

%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%abvs%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3
味の素から発売されているアミノ酸サプリ(アミノプロテインVSアミノバイタル)を比較しましょう。

アミノプロテインは必須アミノ酸が3.3gなのに対して、アミノバイタルプロは必須アミノ酸以外も配合しておりアミノ酸として3.6gです。
アミノ酸量では、アミノバイタルプロが上です。

しかし、アミノプロテインにはホエイプロテインも配合しており、たんぱく質としては4.0g配合です。
そのため、たんぱく質で上回るアミノプロテインの方が体づくりを考えるならオススメです。

一方で、アミノバイタルにはアミノ酸以外にもビタミン・カルシウムや鉄などのミネラルを含むため、運動の疲れ具合に差があると考えられます。

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-アミノ酸, プロテイン
-, ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.