口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

機能性成分別 選び方

オススメの食物繊維サプリメントの選び方

更新日:

%e4%be%bf%e7%a7%98
食物繊維は便量を増やして便秘を防止するほか、最近の研究では心筋梗塞、糖尿病、肥満などの生活習慣病の予防に役立つこともわかってきています。
体に必要な食物繊維を配合したサプリメントの選び方を解説します。

食物繊維とは?

%e9%a3%9f%e7%89%a9%e7%b9%8a%e7%b6%ad
食物繊維は食品に含まれる成分の中で、人間では消化が難しい成分を指します。

食物繊維が重要だと認識される以前では、消化できないので食べる意味がないと考えられていた栄養素でした。
しかし、大腸で水分を吸収したり腸内環境のバランスを整えることが研究でわかってから便秘の解消によいということで積極的に摂取するようになります。

食物繊維といえば、野菜から摂取するイメージがありますが動物性の食物繊維もあります。
しかし、動物由来だと動物の骨・エビやカニの外殻など食用に不向きな部分が多いことから、植物由来の食物繊維を摂取することが多いです。
食物繊維の摂取の基本はサプリメントではなく食事ですが、欧米型の肉や魚が中心に変化したことにより便秘に悩む人が増えました。

そのため、食事で補いにくくなってきた食物繊維を手軽に取れるような健康食品が開発されています。
健康食品では、主に2種類の食物繊維が売られています。

2つの食物繊維:水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

2種類の食物繊維の違いについて見てみましょう。

不溶性食物繊維とは?

不溶性食物繊維は、腸で水分を吸収して便の水便量を増やし、便を大きくすることで便秘を解消します。
不溶性食物繊維_原理
不溶性食物繊維は、米などの穀物、牛蒡などの野菜、豆類などに含まれます。
野菜から摂取できる食物繊維のほとんどは、不溶性食物繊維です。

健康食品では、青汁に含まれる大麦若葉、ケロッグから発売されているトクホのシリアルで不溶性食物繊維を手軽に摂取できます。

水溶性食物繊維とは?

水溶性食物繊維とは、難消化性デキストリンやグルコマンナンなどがあります。
食品では、わかめ(アルギン酸)、寒天、こんにゃく(グルコマンナン)から摂取できます。
しかし、普段の食事で不足しやすいのが水溶性食物繊維です。

サプリメントでは、難消化性デキストリンが利用されることが多いです。
難消化性デキストリンは、便秘の解消はもちろんですが、食事に含まれる糖・脂肪の吸収抑制の効果もあります。
水溶性食物繊維_働き
(詳細は、難消化性デキストリンの効果・効能:整腸と脂肪や糖の吸収抑制をどうぞ)

そのため、サプリメントとして利用する場合は 難消化性デキストリンを含む商品をオススメします。

オススメの食物繊維サプリメントの選び方

食物繊維を含むサプリメントを選ぶ基準をまとめてみます。

選び方1:食物繊維の1日必要量は18g

食物繊維の目標量は、18歳以上では1日あたり男性19g以上、女性17g以上とされています。

不溶性食物繊維は、野菜を食べると摂取しやすいのですが、水溶性食物繊維は不足しがち。
不溶性 VS 水溶性
わかめには比較的多く入っているのですが、100gも食べるのは現実的ではありません。
そのため、サプリメントなどで摂取すると良いでしょう。

選び方2:オススメは難消化性デキストリン

食物繊維の中で不足しがちなのが、水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維の中で、安価かつ機能性の研究が盛んなのが難消化性デキストリンです。

難消化性デキストリンを配合したお茶、コーラなどが販売されているので、それらを利用するものよいでしょう。
安く済まそうと思う人は、難消化性デキストリンの原料がAmazon等で販売されているので利用しましょう。

食事では7〜9g程度の食物繊維が不足しているといわれているので、原料として10g摂取すれば必要量は取れそうです(食物繊維含有量は規格値として約85%)

味は少し甘みがある程度なので、野菜ジュースに入れたり、お茶に入れたりすることで利用しましょう。
水溶性食物繊維は、不溶性食物繊維と比較すると手軽に摂取できます。

難消化性デキストリンを含むサプリメントはたくさんありますが、シンプルに難デキ100%の商品が安いから良いと思います。
賢者の食卓 ダブルサポート_難消化性デキストリン_商品群

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-機能性成分別, 選び方
-, , ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.