選び方

オススメのコエンザイムQ10サプリメントの選び方

更新日:

コエンザイムQ10は、美容系のサプリメントだけでなく体づくりに役立つサプリメントなどにも配合される人気のある成分です。
どういった目的で、コエンザイムQ10が配合されるのでしょうか?
まずは、コエンザイムQ10という成分について解説します。

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10は肉類や魚介類などの食品に含まれている脂溶性の物質です。
油に溶けやすい特徴があるため、食事の後に摂取することで吸収率がupします。

コエンザイムQ10の体での働きは2つあります。
働き①細胞が動くために必要
%e3%83%9f%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2
コエンザイムQ10は、心臓、肝臓、膵臓、腎臓などに見られる見られる成分です。
コエンザイムQ10は細胞中で摂取した栄養素を分解してエネルギーを作り出す大切な役目を担っています。
元々体内でコエンザイムQ10は体内で合成できますが、年齢とともに合成量が減るため食事から摂取するのが必要と考えられています。

働き②抗酸化作用
%e7%be%8e%e9%ad%94%e5%a5%b3
酸素を取り入れてエネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素が酸化力の強い“活性酸素”に変化します。
活性酸素が増え過ぎると、血管や細胞を傷つけ、体の内側を酸化し動脈硬化などを引き起こし生活習慣病を招くと考えられています。

そんなときに役に立つのが、抗酸化作用を持つコエンザイムQ10です。

体を動かすために必要ということで運動系サプリメントにも含まれますが、アンチエイジングに役立つ抗酸化作用に注目した場合美容系のサプリメントにも含まれます。

COQ10の働き:還元型と酸化型

コエンザイムQ10には、2種類あり 還元型と酸化型があります。
知名度が高いのは、還元型コエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10が酸化型 or 還元型のどちらかを見分けるには色を見れば良いです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-18-59-43
(画像引用元:カネカ:コエンザイムQ10

酸化型と還元型の体内での働きの違いは?

%e4%bd%93%e5%86%85
コエンザイムQ10は、還元型コエンザイムQ10という形で体内で利用されます。
一方で、酸化型コエンザイムQ10を摂取した場合は体内で還元型コエンザイムに変換してから利用されます。
そのため、還元型コエンザイムの方が利用効率が良いことから人気があります。

酸化型のメリットは、価格が安価な点です。
最終的には、還元型として体内で使われるわけですから酸化型でもよいわけです。

オススメのコエンザイムQ10サプリメントの選び方

選び方①:配合量は100mg以上

コエンザイムQ10の体内吸収力は個人差が大きく、50mgで十分な人もいますが,300mgでも足りないという人もいます.
参考となるのは、機能性表示食品として販売されているヘルスエイド 還元型コエンザイムQ10(キューテン) です。

本商品には、還元型コエンザイムQ10を100mg配合しています。
効果としては、細胞のエネルギー産生を助け、日常の生活で生じる身体的な疲労感を軽減する作用があります。

選び方②:コエンザイムQ10は、酸化型よりも還元型を

コエンザイムQ10を選ぶときは、還元型を選びましょう。
コエンザイムQ10配合!と書かれている商品はおそらく、酸化型です。
ちゃんと、還元型コエンザイムQ10配合と書かれている商品を選ぶと良いです。

また、学術的にエビデンスが多いのも還元型コエンザイムQ10です。
特に、コエンザイムQ10メーカーであるカネカは、たくさんの学術論文を発表しています。
詳細はこちら→コエンザイムQ10







-選び方
-,

Copyright© サプリメント評価・比較.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.