口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

健康お菓子

ヨーグルスタンドの効果評価:希少糖配合でもダイエットに不向き

更新日:

ヨーグルスタンド希少糖の飲むヨーグルシー

総合評価:★☆☆☆☆
成分:★☆☆☆☆
価格:★★★☆☆
商品コンセプト:★☆☆☆☆

コカコーラから発売されている、希少糖の飲むヨーグルシーは甘くてヘルシーな乳酸菌飲料として売られています。
しかし、実質はカルピスやコーラといったジュースと本質的には同じなのでダイエットには不向きでありオススメ度は低いドリンクです。

ヨーグルスタンド 希少糖の飲むヨーグルシーってどんな商品?

ヨーグルスタンド
ヨーグルスタンド希少糖の飲むヨーグルシーは「食後の血糖値を緩やかにする」「内臓脂肪の蓄積を抑える」の機能性を持つ希少糖を配合したヨーグルト風味の飲料です。
ダイエットに役に立つ希少糖は入っているものの、配合量が超微量のため抗メタボ効果はまず期待できません。
商品コンセプトはヘルシーな乳飲料ですが、カロリーや原料といった現実をみるとあまりヘルシーではありません。
というのも、1本190mlと量が少ないためカロリーが低く見えるものの、単位あたりに変換すると現実が見えてきます。
ヨーグルスタンド_カロリー
ヨーグルスタンド1本(190ml)あたり87.4kcalと少ないと錯覚しますが、100mlで換算するとコカコーラ(100ml 45kcal)と同じカロリーです。
一方で、希少糖が入っているから太りにくい・ヘルシーというイメージを持つかもしれませんが、希少糖は超微量で実質が果糖ブドウ糖がメインです。
原材料表示は配合量の多い順番に記載するというルールがあります。
それを頭に置いた状態で、原材料表示を見てみると 「希少糖含有シロップ」は食品原料の中で最も配合量が少ないことがわかります。
希少糖配合が売りの商品ですが、実際はほとんど入っていません。

甘み素材としては、コーラなどの清涼飲料水に配合されることの多い果糖ブドウ糖液糖がメインです。
また、ナタデココも入っていますが 小さく裁断されたものが少し添加されているだけであり 満腹感は少ないです。

▶︎希少糖とは?
ダイエット_女性
希少糖の特徴はカロリーがほとんどゼロにもかかわらず、甘味は砂糖の7割位ある天然甘味料です。
希少等は微生物の力で果糖を変換することで作られています。
希少糖がダイエット効果も期待できる機能として、ぶどう糖の吸収阻害することが注目されています。
情報元:一般社団法人 希少糖普及委員会

ヨーグルスタンド希少糖の飲むヨーグルシーの機能性素材を解析

機能性素材では「乳酸菌」「希少糖」「ビタミンB6」が配合されています。
希少糖の解説は、終えているので「乳酸菌」「ビタミンB6」について考えましょう。

乳酸菌の効果を知るためには、「乳酸菌の種類」及び「配合量」が大切です。
乳酸菌は種類により、成長作用・抗ウイルス・脂肪燃焼などいろんな効果があります。
一方で、配合量が少なすぎても意味はなく、ある一定以上配合されている必要があります。

その点について、ヨーグルスタンドはどうでしょうか?
HPを調べた限りは、「乳酸菌の種類」及び「配合量」ともにわかりませんでした。
これならば、飲むヨーグルトを飲んだ方が良いと思います。

次に配合されているビタミンB6を見てみると1本に0.665mgと1日必要量の50%配合です。
ビタミンB6はたんぱく質からエネルギーを取り出したり、筋肉や血液などを作るときに必要な栄養素。
男性よりも女性の方が不足しやすいビタミンとも言われています。

まとめ

ヘルシーなドリンクか?という点で評価すると、全く良いところはなく 飲むヨーグルトを飲んだ方が 乳酸菌がたっぷり取れるので期待値が高いでしょう。
味は非常に美味しいので嗜好品といったところ。

忙しい大人のための間食がコンセプトの商品ですが、果糖ブドウ糖が成分のほとんどを占めるので健康的な間食としてはオススメ度は低いです。

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-健康お菓子
-, ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.