栄養補給 選び方

オススメのマルチビタミンミネラルサプリの選び方

更新日:

マルチビタミンやマルチミネラルを配合したサプリメントは非常に数が多く販売されています。
色んな会社が差別化を図るために、亜鉛の量を増やしたり、天然由来のビタミンを添加したり、ポリフェノールを配合したり・・・・。

サプリメントの数が多すぎて、何を選んでいいかわからない。おすすめのマルチビタミンミネラルサプリって何?
と悩む人に向けて、マルチビタミンミネラルサプリを調査してみました。

結論から書くと、マルチビタミンは価格が安い、大手の製品をドラッグストアーで購入しましょう。

どうして、大手の製品である必要があるのか?
ドラッグストアーである必要はなぜか?

その理由をサプリメントのコストが決まる理由とともに見ていきましょう。

サプリメントのコストはどうやって決まるか?

サプリメントのコストは、ざっくりと計算すると「原価」「販路」「市場の成熟度」に依存します。
スクリーンショット 2016-03-27 0.12.45
上記の3条件は、マルチビタミンミネラルサプリ以外でも当てはまる法則です。

それぞれの要素を詳しく紐解いてみます。

マルチビタミンミネラルサプリの原価を詳しく見よう

マルチビタミンの原価は主に、「原料費」「資材費」「工賃」に依存します。
それぞれの要素で最安値になる組み合わせを探しましょう。

▶︎原料費
原料費に占めるビタミンやミネラルは、コモディティ(価格や買いやすさだけを理由に選択が行われること)的な原料です。
特に合成のビタミンはどこの会社が作っても、最終的なスペックは同じです。
そのため、どこのメーカーであっても同じようなスペックの原料を使用しているので、マルチビタミン・ミネラルサプリを選ぶときはコストだけを考えれば良いです。
天然系ビタミンを配合しているようなサプリは完全に無駄なので、おすすめしにくいです。

▶︎資材費
消費者がサプリを買うときにあまり気にしないけど、コストへの影響はでかい項目です。
資材費は、充填の回数に依存するので、ボトルやパウチ形態のサプリがオススメです。
スクリーンショット 2016-03-27 0.21.57
大容量版は、一度に錠剤をたくさん詰めれるので安く作れます。
一方で、個包装は何度も充填して 1つの製品が出来上がるので 工賃がたくさん発生します。
個包装品だと持ち運べるなどのメリットはありますが節約のために、大容量購入しピルケースに入れて持ち運びましょう。

・工賃
工賃は、ロット(一度に生産する数量)に依存します。
一度にたくさん作れば、安く作れることになります。
そうなると、大手の製品が良いことになります。
特に売り上げNo.1ならば、最も多く生産しているため工賃が一番安いはずですね。
つまり、DHCとか大塚製薬などの有名メーカーならハズレはないです。
どれを買っても基本的には同じです。

マルチビタミンミネラルサプリの販路を考察

サプリの価格は、販路(商品の流通経路)に依存します。
ドラッグストアは安く大量に仕入れて たくさん売る 回転数をあげることで利益を稼いでいます。
一方、通販で販売するブランドは、情報をたくさん提供して少数のお客さんに高く買ってもらっています。

ビタミン・ミネラルのサプリメントは、コモディティ商品でありどこのブランドを購入しても成分スペックは同じです。
そのため、通販で購入する意味はありません。
よって、安価に入手できるドラッグストアをオススメします。

ドラッグストアーは薄利多売がビジネスモデルです。
安くサプリを買うならば、ドラッグストア以外ありえません。

マルチビタミンミネラルサプリの市場成熟度を考察

市場が成熟すればするほど、競争が激しくなり 価格競争が激しく消費者にとってメリットが大きいです。
ビタミン・ミネラルは市場成熟度がかなり進んでいる上、ビタミンやミネラルの素材自体もコモディティ化しているため価格競争がとても激しい分野です。
そのため、安い=質が悪いが単純に成り立つわけではありません。
安い=原価比率が非常に高いというのが実情なことが多いです。

日常生活する中で、市場成熟度を意識することはありませんが、サプリの商品開発をする人は非常に意識する部分です。
サプリメントの値段は、市場成熟度に大きく依存します。

市場成熟度が高いマルチビタミンミネラルサプリが1ヶ月5000円で売られてたら、ぼったくりに感じます。
一方で、市場成熟度低い 抗ストレスサプリ(例えば、テアニン)が1ヶ月5000円で売られても、比較できる商品が少ないので適正に感じるのではないでしょうか。

オススメのマルチビタミンミネラルサプリは?

オススメは、売り上げNo.1のネイチャーメイドの大容量版が良いですね。

ネイチャーメイドシリーズは、1粒で全ての栄養素がとれる手軽さが魅力な商品です。
ドラッグストアで購入するのが面倒ならば、Amazonでも安く購入できるのでおすすめです。

よくある質問

▶︎アミノ酸入りやCOQ10入りのマルチビタミンミネラルはダメですか?
→どうしても補給したいなら、ネイチャーメイドを購入した上で 希望の栄養素を含むサプリメントを別で購入しましょう。
コスト勝負で勝てないメーカーが差別化で配合しているだけです。
差別化目的で配合する場合は、微量配合である場合が多く 有効量入っていないです。
個別で購入すれば、有効量含有されています。

▶︎合成は嫌だ!天然がいい
→ビタミンは天然でも合成でも成分の本質は同じです。
例えば、合成のビタミンCとレモンから抽出される天然のビタミンCの化学構造式は同じなので同じ働きをすると考えられています。
一方で、ビタミンEは天然と合成で構造式が異なるものもありますが・・・。

▶︎ビタミン・ミネラルを摂取する必要があるの?
バランスの良い食事をしていれば、ビタミン・ミネラルが不足することがないため摂取しなくてもいいです。
ビタミンやミネラルは、体で合成ができず食事から取り入れないといけない成分です。
そのため、何が不足するかわからないのでマルチビタミンミネラルサプリをとりあえず飲んでおくというのも良いと思います。







-栄養補給, 選び方
-,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.