口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

ロコモ 機能性成分別 選び方

関節にオススメのコラーゲンサプリの選び方

更新日:

%e8%86%9d
関節=グルコサミンというイメージがありますが、関節に一番多い成分はコラーゲン。
そのため、コラーゲンサプリはオススメなんです。

関節にオススメのコラーゲンサプリの選び方

ロコモ_膝関節サプリといえばグルコサミンですが、最近コラーゲンの注目度が高まっています。
というのも、膝の軟骨はグルコサミン以外にもコラーゲンから出来ているからです。

コラーゲンは関節にプラスの作用があります!

コラーゲンは、関節に良いというエビデンスが多いです。
関節系のサプリに使用されているコラーゲンはⅡ型コラーゲンが多く、鶏やサメなどの軟骨から抽出されるコラーゲンです。
Ⅱ型コラーゲンには、変性型(普通のコラーゲン)と特殊な処理を行った非変性型のコラーゲンがあります。
コラーゲン_種類_Ⅰ型・Ⅱ型
関節でお悩みの人がコラーゲンサプリを購入する場合は、非変性型のⅡ型コラーゲンを選びましょう。
普通のコラーゲンでも関節の痛みを和らげる効果は確認されているものの、非変性型の方がエビデンスが豊富な上グルコサミンやコンドロイチンといった関節系の素材よりも効果が高い事が確認されています。

非変性型Ⅱ型コラーゲンとは?

関節軟骨の構成成分は水分60~80%、非変性Ⅱ型コラーゲン15~20%、プロテオグリカン(コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸などで形成される凝集体)などの成分3~5%で構成されています。
そのため、膝の構成成分を考えると プロテオグリカンやヒアルロン酸などの関節系の素材を摂取するよりも コラーゲンを摂取する必要性の方が大きいと言えます。

サプリメントに含まれる非変性のコラーゲンであれば、胃で分解しないで腸まで届きそのまま関節に利用されるという特徴がある素材です。
体に吸収されるまでのメカニズムを、普通のコラーゲン(変性型)非変性型Ⅱ型コラーゲンを比較しましょう。
非変性型Ⅱ型コラーゲン
普通のコラーゲンは、胃でアミノ酸に分解され、腸で吸収された後 身体中にアミノ酸が分配され 体の様々な臓器の一部になります。
アミノ酸の一部が、膝などに使われますが、摂取効率が悪いです。
一方、非変性型Ⅱ型コラーゲンは胃で分解されず、そのまま腸から体内に入り 体の関節で利用されます。

有効量は、普通のコラーゲンは4g〜10gなのに対して、非変性型Ⅱ型コラーゲンは10mgです。
コラーゲン10gを毎日摂取するのは大変ですが、非変性型Ⅱ型コラーゲンは10mgならば錠剤1粒ですみます。

非変性型Ⅱ型コラーゲンの効果とは?

非変性Ⅱ型コラーゲン(10mg/日)を含有したサプリメントは対照群と比較して、摂取120日後に関節の曲げ伸ばし範囲(すなわち柔軟性、可動性)が有意に改善することが確認されています。
(引用元:機能性の科学的根拠に関する点検表:関節の友)

人での研究がきちんとされているため、エビデンスが多い原料といえます。

まとめ

関節目的で、コラーゲンサプリメントを選ぶならば非変性型Ⅱ型コラーゲンを選びましょう。
日本では商品数は少ないものの、機能性表示食品が解禁されたことから少しずつ増えていく傾向があると思います。
機能性表示食品ならば、有効量がきちんと配合されているため 「非変性型Ⅱ型コラーゲン」が有効成分であることを確認すれば大丈夫です。

Ⅱ型コラーゲンを含む関節サプリメントでも有効量摂取できれば、効果はあると思うのですがコラーゲンの配合量が少ないのが実情です。
そのため、オススメできる製品は少ないです。

価格と成分量のバランスの取れたサプリをピックアップするなら、海外メーカーではありますが以下の商品です。

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-ロコモ, 機能性成分別, 選び方
-,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.