プロテイン

シェイプ&ビューティの効果評価【ザバス(SAVAS)】

更新日:

シェイプ&ビューティー_ザバス

総合評価:★★★★☆
成分:★★★★☆
価格:★★★★★
商品コンセプト:★★★★☆

シェイプ&ビューティは、美容のために作られたプロテインです。
ソイプロテインをベースに、美容サポートとしてコラーゲンペプチドを配合しています。

体づくりを目的のプロテインとして使う以外にも、ダイエット食としてダイエット中に不足しやすいたんぱく質補給にも使えます。
他のプロテインと比較することで、シェイプ&ビューティを評価しましょう。

シェイプ&ビューティってどんなプロテイン?

ザバスから、女性向けのプロテインとして発売されているのが「シェイプ&ビューティ」です。
タンパク質の含有量的には高くなく(男性の1食分を、1日2回で飲むような設計です)飲みやすいので、体作りよりも 1食置き換えダイエット的な用途でも使えるように作られています。

ザバスブランドから発売されているプロテインと比較すると、控えめな量だといえます。

商品名 1杯あたりのたんぱく質
%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%9a%ef%bc%86%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3_%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3 シェイプ&ビューティ 7.2g
%e3%82%bd%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3100_%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3 ソイプロテイン100 15g
%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3_%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3 ウェイトダウン 16.8g

たんぱく質が少ないメリットとしては、プロテイン特有の粉っぽさがなく味が非常に美味しいという点があります。
男性向けのプロテインは味がお粗末な商品が多いのですが、女性向けの「シェイプ&ビューティ」は「ミルクティー味」と飲みやすく、こだわりを感じます。
牛乳に溶かして飲んだら、普通にミルクティーみたいに飲むことができます。
tea_milk

どうして女性にプロテインが必要なの?

プロテイン_男性・女性
プロテインはムキムキの筋肉をつくるために飲むというイメージが強いですが、本来はプロテイン=体づくりに必要な飲み物です。
体づくりとは、筋肉以外の部分である爪・髪・肌などの美容に関する部分も含みます。
肌ならプロテインでなくコラーゲンサプリで良いと思うかもしれません。
しかし、コラーゲンが肌によい理由というのは、コラーゲンはたんぱく質源だからです。

プロテインには必須アミノ酸を含むため、プロテインの方がコラーゲンよりも良質なたんぱく質源といえます。
そのため、プロテインの方がコラーゲンよりも肌の合成に役に立つでしょう。
コラーゲン=美容に良いというのは、広告により作られたイメージが大きいです。

シェイプ&ビューティには、女性に嬉しいソイプロテインを配合です。
ソイプロテインの特徴は、大豆たんぱくが中性脂肪を下げる働きがあるため、体重を増やさずにカラダを引き締めることができます。
また、ソイプロテインには女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれることから、女性向けといわれています。

シェイプ&ビューティの成分を解析

シェイプ&ビューティは、タンパク源として「大豆たんぱく」と「魚コラーゲンペプチド」が配合されています。
1日2回(約28g)でたんぱく質14.4gと1日に必要量の28.8%と鉄と11種類のビタミンを1日分、カルシウム、マグネシウムを1/2日分*摂れるよう設計されています。

▶︎栄養成分(1食分(14g)当たり)

エネルギー 51kcal ビタミンE 4.0mg
たんぱく質 7.2g ビタミンB1 0.5mg
脂質 0.3g ビタミンB2 0.55mg
炭水化物 4.8g ナイアシン 5.5mg
ナトリウム 110mg ビタミンB6 0.5mg
カルシウム 175mg 葉酸 100μg
マグネシウム 63mg ビタミンB12 1μg
3.8mg パントテン酸 2.75mg
ビタミンA 225μg ビタミンC 40mg
ビタミンD 2.5μg コラーゲン 1500mg

大豆プロテインの効果

大豆プロテインは、必須アミノ酸を含む良質なタンパク質です。
大豆プロテインにはポリフェノールの一種である「大豆イソフラボン」が含まれているのが特徴です。
イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするほか、「骨からのカルシウムの溶出を抑制する」ことが知られています。
ただし、大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値70〜75mg/日と設定されています。
脱脂大豆たんぱくに含まれるイソフラボン量は、調べたのですが正確な数値がわかりませんでした。
そのため、大塚製薬から発売されている「SOY JOY」の栄養成分値を使っておおよそのあたりをつけます。
soyjoy_cacao-1
SOY JOY 1本には、タンパク質4.5g・大豆イソフラボン:14mg配合されています。
一方、シェイプ&ビューティには タンパク質7.2g配合されているので、おおよそ1杯あたり22.4mgの大豆イソフラボンが入っているとわかります。
1日2回摂取すると、約45mgなので 十分摂取目安量以内で抑えられます。
ただし、豆腐一丁(300mg)で80mgのイソフラボンが入っているので、大豆製品をたくさん食べる時は注意が必要です。

魚コラーゲンペプチドの効果

コラーゲン_働き
コラーゲンは食べても直接肌のコラーゲンになるわけではありません。
コラーゲンは消化管でアミノ酸に分解された後体中に運ばれます。
言い換えれば、肌のコラーゲンを補うならばコラーゲンで無くてもタンパク質なら何でも良いと言えます。

また、コラーゲンには必須アミノ酸が含まれていないので食べる意味の少ないタンパク質です。
そのため、コラーゲンは美容向けのプロテインであると差別化するために配合していると考えます。

まとめ

プロテインの中では味も美味しい部類なので、初めての人にもおすすめします。
また、十分な量の栄養素を含むので食事置き換えダイエットをしている人にもおすすめできる製品です。
なぜなら、食事置き換えダイエットの製品の多くは炭水化物をベースに作られていることが多く、体の原料となるタンパク質不足になりやすいです。
一方、シェイプ&ビューティなら タンパク質とビタミン・ミネラルを手軽に摂取できるのでおすすめです。







-プロテイン
-, , ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.