エナジードリンク

リポビタンDの効果評価【大正製薬】

更新日:

リポビタンD

総合評価:★★★★★
成分:★★★★★
価格:★★★☆☆
商品コンセプト:★★★★★

リポビタンDは栄養ドリンクの定番中の定番です。
価格はちょっと高いですが、成分・商品コンセプトは申し分ありません。

リポビタンDってどんなドリンク?

リポビタンDのは配合素材の「タウリン」「ビタミンB群」の疲労回復効果に加えて、「カフェイン」による脳の覚醒作用と「糖分」の摂取により脳の栄養素を頭に送ることによる作用に依存する部分が大きいです。
そのため、レッドブルを飲んでも、リポビタンDを飲んでも大して変わりません。
しかし、リポビタンDの方が栄養成分の配合量がググンと多いので、疲れている時にはリポビタンD安定といえます。

リポビタンDの機能性成分解析

それぞれの成分の効果・効能の解説は以下の通りです。

タウリンの効果

イカ_タウリン
タウリンは、非必須アミノ酸です。
タウリンを含む栄養ドリンクには疲労回復効果・気分を向上させる効果が示唆されています。
ただ、カフェイン・糖分などの同様の効果を持つ成分を含んだ状態で研究されているため、タウリン自体に疲労回復効果があるかは不明です。
また、カフェインとタウリンを一緒に摂取することで、注意力・言語による推論が改善することが示唆されています。

栄養成分的には、アミノ酸であり  肉や魚にも含まれているアミノ酸です。
原料としては、タコから抽出されます。

タウリンで、疲労回復するか?と言われると、微妙といえます。

イノシトールの効果

イノシトールは、体内で合成されている ビタミンB群と同じような働きをする成分です(ビタミン様物質と呼ばれます。)
昔は、ビタミンB8として扱われていたものの体内で合成することができるため、ビタミンではなくなりました。
つまり、食べ物から必ず摂取しないといけないわけではありません。
野菜や果実に含まれていることの多い成分です。

リポビタンDへの配合目的は、脳への栄養を補給する目的で配合していると考えられるものの、配合量は50mg程度であり 効果があるかは不明です。(1日に必要な摂取目安量は500~2000mgとされています。)

●神経機能を正常に保つ効果
イノシトールは、ホスファチジルイノシトールというリン脂質の構成成分です。リン脂質は細胞膜に含まれている成分で、特に神経細胞の膜に多く存在しています。リン脂質は脳細胞に栄養を供給したり、神経の働きを正常に保つ働きを担っています。したがって、リン脂質の構成要素であるイノシトールは、神経の伝達や脳の活動を正常に保つ上で欠かすことのできない成分といえます。
(情報元:イノシトール:わかさ生活

ビタミンB群

ビタミンB群の必要量と配合量は以下の通り。
代謝系に関わるビタミンは、1日量よりも多いので風邪のひき始めなどの滋養強壮に良いと思います。
風邪のときは、手軽に栄養が補給できないので嬉しい栄養素です。

リボD配合量 1日量
ニコチン酸アミド 20 11
ビタミン B1 5 1
ビタミン B2 5 1.1
ビタミン B6 5 1

ショ糖とカフェイン

エナジードリンクの効き目の大半は、ショ糖による 血糖値上昇作用カフェインによる覚醒作用によるものです。
そのため、コーラとかレッドブルでも同様の効果は見込めます。
ただ、コーラはカフェインの量は少ないので 量を飲まないといけません。

リボD(100ml) コカコーラ(500ml)
カロリー 58kcal 225kcal
カフェイン 50mg 50mg

まとめ

タウリンが疲労回復に効果があるかと思いきや、科学的には 不明なのが現状です。
ただ、糖分+カフェインの組み合わせは 疲労感の回復に効果が見込めるでしょう。

リポDを飲む目的は、糖分補給+カフェインの脳の覚醒+ビタミンB群の補給と言えそうです。







-エナジードリンク
-, , ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.