口コミやランキングに頼らない、効果的な選び方を紹介するサイト

サプリメント評価.com

ダイエット

ココナッツオイルの効果・効能:食べても太らない油?

更新日:

ココナッツオイルは食べても太らないは、本当?

ココナッツオイル
食べても太らない油として注目されている「ココナッツオイル」です。
雑誌などでも取り上げられる機会も多いので、「太らない」「ダイエット」に良いというイメージがあるのではないでしょうか?

結論から言うと、食事制限をしている人がココナッツオイルを使うのはオススメできます。
一方、食事量を減らさずにココナッツオイルを摂取しても、太るだけです。

ココナッツオイルの特徴とは

油
ココナッツオイルはココナッツから絞ることでつくられ、体に脂肪がつきにくい中鎖脂肪酸を豊富に含むのが特徴です。
菜種油などの調理油と違い、コーヒーに混ぜたり、パンにバターを塗る感覚で使ったりとそのまま摂取します。
成分の60%程度が中鎖脂肪酸を含み残りのほとんどは長鎖脂肪酸が占め、ミネラル・ビタミンEなどが微量配合されています。

ココナッツオイルには、太りやすい「長鎖脂肪酸」が含まれていることを覚えておきましょう。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸を食べるとどうなるの?

中鎖脂肪酸_長鎖脂肪酸
中鎖脂肪酸の特徴は食用油に含まれる長鎖脂肪酸に比べて、約4倍速く分解されすぐエネルギーとして体内で利用されます。
一般的な油である「長鎖脂肪酸」は、蓄積型エネルギーの「脂肪」として蓄積され非常用のエネルギーとして利用されます。

一方、すぐに利用される「中鎖脂肪酸」は脂肪として蓄積されにくいので 「食べても太らない油」と言われています。
ヘルシーリセッタ
中鎖脂肪酸を特徴とした商品、トクホ「ヘルシーリセッタ」は「体に脂肪がつきにくい」というデータが認められており、健康に良い油として売られており、効果が認められています。
しかし、調理油だといくら調理する食品に「長鎖脂肪酸」が含まれているので、食事全体で考えると「体に脂肪がつきにくい」というのは少し難しいと思います。

ヘルシーリセッタで唐揚げを作ることを考えましょう。
ヘルシーリセッタを使えば、サラダ油で揚げ物を作る場合よりも体に脂肪がつきにくいでしょう。
しかし、唐揚げに使用する鶏肉にはたくさんの脂肪分が含まれます。
鶏肉の脂肪は、体に蓄積されるタイプなので、ヘルシーリセッタを使っても体に脂肪がたまりまってしまいます。

一方、ココナッツオイルはそのまま、飲み物に入れたりドレッシングにしたり 直接食べるタイプのオイルです。
そのため、太りにくい油を上手に生活に取り入れることができます。

太らないからいくらでも食べてもいいんだ!的な摂取の仕方ではなく、自分の食生活をコントロールするために中鎖脂肪酸を取り入れることができます。

国の栄養素の摂取目標としては、1日のカロリーのうち 20~30%は脂質から摂取することを推奨しています。
脂質=脂肪として蓄える というイメージからか 脂質をカットするダイエットなどに取り組み人がいますが、お勧めしません。
脂質をカットしすぎると、乾燥肌になったりなど美容面のマイナスも大きいです。
そういったことを考えると、中鎖脂肪酸を食事に取り入れるのはダイエットに良さそうです。

しかし、ダイエットに良いといっても いくつか 陥りやすい失敗があります。

ココナッツオイルダイエットの落とし穴

女性_悩み
ココナッツオイルを摂取すれば、カロリー制限をしなくてもダイエット効果があると言われますが、それは嘘です。
ココナッツオイルがいくら太りにくいといっても、2つの落とし穴があります。

落とし穴1:脂質=9kcal/g

脂質は、炭水化物やたんぱく質よりも カロリーが高いのが特徴です。
そのため、少量しか摂取しないつもりでも 結構カロリーをとっていたります。

例えば、ココナッツを使ったお菓子であるココナッツサブレは、22枚全部食べると630kcalもあります。
image

ココナッツオイルを食パンに塗る時も、摂取するカロリーはバターと同じくらいという認識が大切です。
コーヒーに入れる時は、アイスクリームを乗せる感覚で量を調整しましょう。

ダイエットの基本は、摂取カロリー < 消費カロリーを維持することです。
中鎖脂肪酸は体で脂肪にはなりにくいですが、カロリーが低い油というわけではありません。

落とし穴2:ココナッツオイルには、長鎖脂肪酸も入っています

ココナッツオイルに入っている中鎖脂肪酸ばかりに注目されていますが、成分全体をみると40%くらいは長鎖脂肪酸です。
長鎖脂肪酸は、蓄積型エネルギーとして 体の脂肪として蓄えられやすい特徴のある成分。

よくモデルがココナッツオイルを毎日摂取しているから、体型を維持しているといわれますが、トップモデルの人は1日の食事をしっかり管理した上で 脂質はココナッツオイルで摂取しており、他の脂肪は少なめにしています。
そうすることで、脂肪になりやすい長鎖脂肪酸の摂取を抑え 理想の体型を維持しています。

普通の一般人が、なんの食事制限もなしにココナッツオイルを食べても、摂取カロリーが増え 脂質の摂取が増え 太る一方です。

お勧めのココナッツオイルの使い方は、代用!

女性_考え中
痩せるためにココナッツオイルを摂取するという使い方ではなく、いつも使っているバターやドレッシングといったものをココナッツオイルに置き換えていくのをお勧めします。
クックパッドではたくさんのレシピがあります。
c10c20d119e13dcb99e9a70b068de72a
Cpicon ダイエットに♪ココナッツオイルでソイラテ by わかさわ家

コーヒーフレッシュを使う代わりに、ココナッツオイルを使う。
そんな小さな違いも蓄積することで、体の脂肪分が少しずつ減っていくと思います。

「ヘルシーリセッタ」の有効性を調べる試験では、12週間継続することで体脂肪・内臓脂肪が減っていることが確認されています。
そのため、ココナッツオイルを使う人も3ヶ月くらい継続する気持ちで摂取する必要があるでしょう。

気になるサプリがある時はTwitterで依頼!

-ダイエット
-, , ,

Copyright© サプリメント評価.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.